このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 政策企画課 > おいでませ知事室・平成23年公務始め式知事訓示

平成23年 (2011年) 1月 4日

政策企画課

平成23年公務始め式 知事訓示

 皆さん、明けましておめでとうございます。

 今年も、厳しい景気・雇用情勢の中で新年を迎えました。一日も早い県内景気の回復と、若者を中心とした雇用の安定を実現するため、引き続き全力で取り組んでいかなければなりません。景気・雇用対策の効果的な実施に向けて、緊張感を切らすことなく、的確に対応をしていただきますよう、まずお願いします。


 さて、私は、今年の目標として、2つの総仕上げを掲げています。

 まず一つ目は、「加速化プラン」の総仕上げです。昨年夏に実施した加速化プランの総点検結果に基づき、当初予算編成方針において、最重要課題である「くらしの安心・安全基盤の強化」をはじめとして、特に優先すべき事業について示したところです。

 明年度予算は、私がこれまで進めてきた「住み良さ日本一の元気県づくり」を実現する上で、通年予算を組める実質的な最終予算であります。今年が正に正念場であると考えています。

 既にお示ししているように、「加速化プラン」の総仕上げを確実に行うため、「15ヶ月予算」も導入したところであります。プランの達成に資する取組を、限られた期間の中で着実に進めていかなければなりません。


 二つ目が県政集中改革の総仕上げです。「加速化プラン」の成果を次代に継承していくためには、施策を実施する強固な行財政基盤の確立が欠かせないことであります。「新・県政集中改革プラン」に基づき行財政改革を進めてきましたが、特に平成23年度末での三公社の廃止は、将来の世代に過大な財政負担を残さないためにも、必ずやり遂げなければなりません。


 以上二つの総仕上げには、相当な困難を伴うことが予想されます。現在、明年度の予算編成作業の真最中ですが、効率的な予算を編成し、総仕上げを着実に実現していくためには、それぞれの職員が自分の能力を十二分に発揮することが必要です。職員の皆さんには、まずは現場主義を基本に、県民の皆様のニーズを的確に把握し、それにどう対処すべきか、具体的な行動も含めてよく考え、「職員力」を高めていただくようお願いします。この激動の時代に、過去の知識や経験がそのまま通用することは、まずありません。現場に根差した問題意識を鋭く保ち、自らしっかり考え、積極的に行動すること、そしてその動きを組織的に進めることが重要です。

 各部局においては、二つの総仕上げを確実に行い、県民サービスの向上や、県の存在感の増大に繋げていくためにも、「職員力」を結集し、「組織力」を最大限に高めて業務に当たるよう、強くお願いします。


 また、この10月には、「山口国体・山口大会」が開催されます。県民総参加の大会として盛り上げ、総合優勝を目指さなければなりません。


 私は、今年の書き初めで「真」という字を書きましたが、これらの目標に向かって「真剣勝負」で臨むとともに、個々の取組は「真心」を持って進めていかなければならないと考えています。

 今年一年、全力を尽くす覚悟ですので、職員の皆さんもそれぞれの役割を自覚し、十分に力を発揮するようお願いして、年頭の訓示といたします。

 今年一年が、県民の皆様にとって、明るい元気な年になるよう、一丸となって頑張りましょう。




お問い合わせ先

総合政策部

閉じる