このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 人事課 > index・山口県職員等公益通報制度について

平成27年 (2015年) 5月 27日

人事課

山口県職員等公益通報制度について

  職員等から職務遂行に係る法令違反行為等の通報を受け付ける体制を整備することにより、職員の規範意識を高め、適法かつ公正な県政の運営に資することを目的に、平成18年4月1日から「山口県職員等公益通報制度」を施行しています。

  また、より公平性・透明性の高い制度とするため、平成19年4月1日から新たに外部窓口を設置しています。さらに、平成19年8月1日からは、不当な働きかけの抑制・防止やコンプライアンス体制の一層の強化のため、県職員に対する公正な職務の執行を損なう不当な働きかけ等を通報対象に追加しました。


公益通報をできる者

○県職員(臨時職員、非常勤職員を含む)

○県が他の事業者との契約に基づいて事業等を行う場合における当該事業等に従事する労働者


公益通報の対象

○県職員の法令(条例、規則等を含む)に違反している行為

○県職員の法令に違反するおそれがある行為

○県職員に対する一定の公職にある者等からの不当な働きかけ等



関係資料

山口県職員等公益通報制度実施要綱 (PDF : 23KB)

制度フロー図 (PDF : 440KB)



お問い合わせ先

総務部

閉じる