このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > くらし・環境 > ふるさと納税 > ふるさと納税・やまぐち元気寄附金 > ふるさと納税・寄附金を活用する県の取組

平成29年 (2017年) 5月 12日

税務課

タイトル

 山口県では、本県のチャレンジを応援していただける寄附者の方々の思いを、寄附金の活用を通じて実現していきたいと考えています。

 このため、平成28年度から、寄附金の使途について12の政策からお選びいただけるようにし、愛称を「やまぐち県チャレンジ寄附金」にしました。

※ ただし、これらはあくまで地方自治法第96条第1項第9号に定める「負担付きの寄附」としてではなく、「指定寄附」(寄附者が自らの寄附金について何らかの使途を希望し、県としてこれを尊重しつつ、各分野への配分を判断・活用させていただくもの)としてお受けするものであることをご了承ください。


◆政策の選び方

専用のゆうちょ銀行振込票又は寄附申込書の所定の箇所に下記の12の政策の番号(及びカタカナ記号)を記載してください。

【記載例】 (番号:①-ア)、(番号:③- )

※電子申請の場合は、□にチェックしてください。

※複数回答可(二段書きしてください。)



◆お選びいただく12の政策

番号

政    策

記号

主な取組

イメージ等

「水素先進県」の実現

全国トップクラスの大量かつ高純度の水素を生成するという山口県の強みを活かし、「水素先進県」の実現を目指します。


【関連ページ「「水素先進県」の実現を目指して」参照】

◆水素ステーションの誘致拡大

◆水素利活用製品等の研究開発・事業化への助成や支援

◆水素ステーションを核とするまちづくりモデルの全県展開

①水素先進県

山口の農林水産物「ぶちうま!やまぐち」の販路拡大

県産農林水産物及び加工品等の更なる需要拡大に向け、地産・地消の着実な推進に加え、知事を隊長とする「ぶちうま売込隊」による国内外への情報発信等の取組を強化し、県産農林水産物等の販路拡大を図ります。


【関連ページ「ぶちうま!やまぐち.net」参照】

◆「ぶちうま売込隊」によるPR対策の充実強化

◆大都市圏や海外における「やまぐちフェア」や商談会の開催

◆台湾をはじめとしたアジアにおける県産農林水産物の輸出促進

やまぐちブランド

農林水産業担い手支援日本一の実現

山口県で農業・林業・漁業を始める方に、相談~研修~就業~定着まで一貫した支援で、地域・仕事になじみ、働き続けられるよう応援します。


【関連ページ「公益財団法人やまぐち農林振興公社」参照】

◆定着支援給付金など全国に誇る「給付金制度」、住宅確保支援をはじめとする充実した「受入体制」、実践に直結する「技術指導体制」を3本の柱とする「日本一の担い手支援策」の実施

◆移住就農者の確保・促進

担い手日本一

明治維新150年に向けた観光需要の拡大

平成30年の明治維新150年に向けた観光キャンペーンを通じて、山口県のイメージアップと観光需要の拡大を図ります。


【関連ページ「やまぐち幕末ISHIN祭」】参照

◆明治維新をテーマとした観光ブランドの構築による本県ブランド力の強化

◆やまぐちの「食」「温泉」等を活用した新たな観光資源の創出と磨き上げ

明治維新150年

奨学金を活用した大学生等の地方定着

将来の地域産業の担い手となる学生の奨学金返還を支援します。


【関連ページ「山口県高度産業人材奨学金返還補助制度について」参照】

◆奨学金返還補助制度による将来の地域産業の担い手となる学生の募集

◆学生の県内就職へのサポート

◆将来の地域産業の担い手となる学生の確保を図るための基金を造成

大学生等の地方定着

動物愛護の啓発と適正飼養の促進

人と動物の調和のとれた快適な暮らしづくりの推進を図ります。


【関連ページ「犬猫の引取り・殺処分数削減に向けた取組」参照】

◆犬猫の引取り数、殺処分数等の削減(地域猫活動の普及啓発、譲渡活動を行う県民活動団体等の新たな飼い主探しへの支援 等)

◆終生飼養、繁殖制限措置、所有者明示措置など適正飼養の促進

◆動物の遺棄虐待防止の啓発、係留されていない犬への無責任な餌やりに対する指導、県民の安全を確保するための捕獲と捕獲した犬の譲渡の促進

生物共生

「みんなで子育て応援山口県」の推進

社会全体で子どもや子育てを支える「子育て文化」の創造に向けた取組を推進します。


【関連ページ「やまぐち子ども・子育て応援ファンド」参照】

◆子育て支援や子どもの貧困対策等に取り組む団体の主体的な活動を支えるための「やまぐち子ども・子育て応援ファンド」の運営

子育てちょるる

子どもを守る取組の推進

児童虐待の防止と子どもが健やかに育つ地域づくりを目指します。

◆児童虐待の発生防止のための「24時間365日相談体制」の確保

◆地域とのつながりが希薄な家庭に対するハイリスク家庭見守りチーム派遣

◆里親の総合支援など

オレンジリボン

文化・スポーツの振興

文化芸術による人づくり・地域づくりを進めるとともに、県内スポーツ選手の競技力の向上やスポーツの持つ多様な力を活用した地域づくりを進めます。


◆全国や世界で活躍する選手の継続的な育成

サイクル県やまぐち

◆プロツアー、サイクリングイベント等の開催やサイクルスポーツ環境の整備などにより、「サイクル県やまぐち」へ向けた取組を推進

◆山口県の歴史や文化に通じた芸術性の高い美術品の購入・展示

【関連ページ「県立美術館」参照】

【関連ページ「県立萩美術館・浦上記念館」参照】

「地域教育力日本一」の取組の推進

公立小・中学校の設置率が100%となったコミュニティ・スクールが核となり、山口県独自の取組である「地域協育ネット」の仕組みを生かして、社会総がかりで子どもたちの学びや育ちを支援する「やまぐち型地域連携教育」を推進します。

【関連ページ「やまぐち型地域連携教育」参照】

◆「コミュニティ・スクール※」で子どもも大人もイキイキとする地域にやさしい学校づくり

※コミュニティ・スクール…保護者や地域の方々が学校運営に参画し、一緒に協働しながら子どもたちの豊かな成長を支え「地域とともにある学校づくり」を進める仕組み

地域貢献活動

◆「地域協育ネット」による日本一の「学校・家庭・地域の温かい絆づくり」の推進

※地域協育ネット…幼児期から中学校卒業程度までの子どもの育ちや学びを地域ぐるみで見守り、支援する仕組み

災害対応力の強化・地域防災力の充実強化

熊本地震の教訓を活かし、大規模災害の発生に備えるため、災害対応体制の確保や避難者支援・物資支援などの体制づくり、防災の担い手育成、防災意識の醸成などに取り組みます。

◆実践的な災害対応研修や住民向け避難所運営ガイドラインの作成、物資配送訓練等による防災体制の充実強化

◆子どもを中心とした防災活動(ジュニア防災活動)や防災シンポジウムの開催等による地域防災力の充実強化

◆消防団の活動PRによる団員の確保、育成

地域防災訓練

交通安全・生活安全教育の推進

子どもから高齢者まで幅広い年齢層に対する交通安全教育や防犯知識の習得、地域の連携による生活安全活動の推進を図ります。

◆参加・体験型の交通安全教育の拠点施設「山口県交通安全学習館」(山口市)の体験機器のリニューアル


【関連ページ「山口県交通安全学習館の紹介」参照】

交通安全学習館雨天制動体験

◆防犯情報をはじめ、犯行手口、被害防止対策についての体験施設「生活安全ふれあい館」(宇部市)の展示設備のリニューアル

【関連ページ「生活安全ふれあい館」参照】



(参考) 平成29年度当初予算(案)の概要 (別ウィンドウ)


(参考) 元気創出やまぐち!未来開拓チャレンジプラン (別ウィンドウ)



お問い合わせ先

税務課

閉じる