このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 税務課 > 自動車税・グリーン化についてのお知らせ

平成29年 (2017年) 4月 1日

税務課

自動車税のグリーン化についてのお知らせ


自動車税のグリーン化とは

地球温暖化防止及び大気汚染防止の観点から、環境にやさしい自動車の開発・普及の促進をはかるために設けられた税制上の特例措置です。


排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車については、その性能に応じて税率を軽減(軽課)し、新車新規登録から一定の年数を経過した環境負荷の大きい自動車については、税率を重く(重課)しています。詳しくは次の通りです。



 1 軽課対象自動車(環境負荷の小さい自動車)


平成29年度に軽課の対象となる自動車


  ■平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新車新規登録された以下の自動車は、登録の翌年度に限り、次の軽減率に

   より自動車税が減額されます。


軽減対象自動車

軽減率

電気自動車(燃料電池自動車を含みます)

標準税率より

概ね75%

プラグインハイブリッド自動車

一定の排出ガス性能を満たす天然ガス自動車

クリーンディーゼル乗用車【平成21年排出ガス規制適合】

次の2つの条件をともに満たす自動車

軽課75%(平成29年度)

次の2つの条件をともに満たす自動車

軽課50%(平成29年度)

標準税率より

概ね50%


(注1) 一定の排出ガス要件を満たす天然ガス自動車とは、平成21年排出ガス基準値より10%以上NOxの排出量が少ない自動車をいい

     ます。

(注2) 17年低排出ガス認定車・75%低減レベルとは、平成17年自動車排出ガス基準値より75%以上排出ガス性能の優れた自動車と

     して国土交通大臣の認定(ステッカーの貼付)を受けたものをいいます。

(注3) クリーンディーゼル乗用車とは、自動車検査証(車検証)の燃料欄が「軽油」となっており、型式欄の頭が「LCA」または「LD

     A」となっているものが対象となります。



 2 重課対象自動車(環境負荷の大きい自動車)


  ■新車新規登録から一定年数を経過した次の自動車については、その翌年度から自動車税が増額されます。


ガソリン車・LPG車

新車新規登録から13年を経過した自動車

ディーゼル車

新車新規登録から11年を経過した自動車


 ※ガソリンハイブリッド自動車・一般乗合用バス・被けん引自動車・電気自動車・天然ガス自動車及びメタノール自動車は重課対象外です。


重課の対象となる自動車


年度

重課対象自動車

重課率

平成29年度

ガソリン車

LPG車

平成16年3月31日までに

新車新規登録された自動車

バス、トラック、特種用途

車(キャンピング車以外)

標準税率より概ね10%

ディーゼル車

平成18年3月31日までに

新車新規登録された自動車

ガソリン車

LPG車

平成16年3月31日までに

新車新規登録された自動車

乗用車、キャンピング車、

三輪の小型自動車

標準税率より概ね15%

ディーゼル車

平成18年3月31日までに

新車新規登録された自動車


  ※乗用車・キャンピング車・三輪の小型自動車については、平成27年度から重課率が変更(10%→15%)されています。


 3 自動車税グリーン化の税額


■税額については、以下の「税額表」(PDFファイル)によりご確認ください。


税額表(自家用) (PDF : 132KB)税額表(営業用) (PDF : 168KB)


※PDFファイルを閲覧・印刷するためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

Adobe Readerのダウンロード


お問い合わせ先



お問い合わせ先

総務部

閉じる