トピックパス
トップページ > 組織から探す > 防災危機管理課 > 弾道ミサイル落下時に身を守るための行動について

平成29年 (2017年) 9月 7日

防災危機管理課

弾道ミサイル落下時に身を守るための行動について

弾道ミサイルが発射されたら

  • ○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  • ○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合には、全国瞬時警報システム(Jアラート)により、防災行政無線や緊急速報メール等で緊急情報をお知らせします。

サイレン音の再生

※このサイレン音を複製し、又は録音するなどして、みだりに吹鳴することを禁じます。

緊急情報が流された時

ミサイルは発射されており、その地域に落下する可能性があるということです。

  • ・屋外スピーカーやテレビ、ラジオで、緊急情報が放送されたら
  • ・緊急速報メールが届いたら
すぐに自分の身を守るための行動をとってください!

緊急情報を聞いたら

あなたが、その時、置かれている状況の中で、次の点に気を付けて冷静に行動することが大事です。

  • ・ 爆風や、窓ガラス等の飛散物などから自分の身を守ること
  • ・ 火災などによる煙、ガスを吸い込まないこと
  • ・ 周囲に建物がない屋外では身を伏せて頭を守ること

今、あなたは・・・?