このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 防災危機管理課 > 危機管理・山口県の危機管理

平成30年 (2018年) 4月 1日

防災危機管理課

山口県の危機管理について

2001年の米国同時多発テロ事件やSARS(重症急性呼吸器症候群)、鳥インフルエンザ問題等、これまで予測もできなかったような事態が発生するなど、近年、私たちを取り巻く環境は、大きく変化しています。

このため、県では、「山口県危機管理マニュアル」を策定し、こうした不測の事態に迅速かつ的確に対処することとしています。


◆「山口県危機管理マニュアル」について

◇マニュアルの概要

○策定日 平成15年3月

○内 容

緊急事態が発生した場合に、県民の生活安定、生命、身体、財産等の安全を確保するため、県として速やかに初動体制を確立し、部局横断的な各種対策を迅速に実施するために必要な対応等を規定。

○対象とする危機[想定される危機として、現時点で50の事象を類型化]

所管が不明確な緊急事態あるいは所管が明確であっても部局横断的かつ迅速な対応が必要と判断される事態。

※地域防災計画に基づく災害、国民保護計画における有事・大規模テロ等及び新型インフルエンザ等対策行動計画に基づく感染症等は除く。

※各部局における個別対応が可能な事態については、一義的に各部局が対応。

山口県危機管理マニュアル (PDF : 3MB)



お問い合わせ先

総務部

閉じる