このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 防災危機管理課 > 北朝鮮・政府からの情報提供(H24.12.4)

平成24年 (2012年) 12月 10日

防災危機管理課

 政府からの情報提供について


 北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射事案について、政府から次のとおり情報提供されていますので、お知らせします。



1 発射の概要(国際海事機関(IMO)等に対する北朝鮮の事前通報)

(1)発射日時

平成24年12月10日( 月 )から29日( 土 )まで

毎日午前7時から正午まで

※平成24年12月10日、北朝鮮当局から国際海事機関(IMO)に対し、地球観測衛星打ち

上げのための危険区域の設定期間を12月22日から29日まで延長する旨の連絡があった。


(2)衛星落下による危険区域

ア 第1段落下区域

黄海

イ フェアリング落下区域

東シナ海

ウ 第2段落下区域

フィリピン東方海域



2 国民に対する情報発信(平成24年12月3日 内閣官房長官記者会見より)

(1)北朝鮮に対し強く自制を求めているところですが、仮に発射を強行したとしても、北朝鮮が設定した落下区域等を考慮すると、我が国領域内に落下するケースは、通常は起こりません。

(2)各交通機関を含め、国民各位におかれましては、北朝鮮が設定した時間帯においても、平常通りの生活・業務を続けてください。

(3)国民、地方公共団体及び報道機関等に対し、エムネットやJアラートも活用して速やかに情報を伝えますので、テレビ、ラジオ等の情報にも注意してください。


内閣官房長官記者会見(北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射の発表に関する国民の皆様への情報発信について)(平成24年12月3日) (PDF : 46KB)



お問い合わせ先

総務部

閉じる