このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・大好き!やまぐち・農業大学校で学びませんか

平成27年 (2015年) 10月 9日

広報広聴課


県政テレビ番組 tys「大好き!やまぐち」



「農業大学校で学びませんか」平成27年9月15日(火曜日)放送分


動画

関係先:山口県農業振興課


動画テキスト



~ビニールハウスの中~

【アナウンサー】

山口県では、農業従事者の高齢化が進む中、若い農業の担い手を増やすため、「担い手支援日本一」を掲げて、青年やUJIターン者などの多様な人材を農業の担い手として確保・育成していく取組を推進しています。


~オープニングタイトル映像~


~山口県農林総合技術センター 永久 栄作(ながひさ えいさく)室長インタビュー~

【アナウンサー】

山口県立農業大学校では、2つの部門を設置して新たな農業の担い手を育成しているとのことですが、どういう取組なのでしょうか?

【永久さん】

「学生教育部門」と「社会人研修部門」の2部門を設置し、担い手支援日本一に向けた農業の担い手育成を進めています。「学生教育部門」は、大学校のプログラムに沿って2年間実践的な教育を行っています。

「社会人研修部門」は、「入門研修」、「作目基礎研修」、本格的に農業を始めるための「担い手養成研修」の3つのコースを設置し、自分の将来にあった選択をしていただけるようにしています。


~畜産学科酪農経営コース 森井 拓郎(もりい たくろう)さんインタビュー~

「学生教育部門」に籍を置く森井さんは、酪農コースを専攻し、将来は牧場勤務を目指して頑張っています。


【アナウンサー】

どうしてこちらの農業大学校に入ったのですか?

【森井さん】

小さい頃から生き物を飼うのが好きで、高校の時から畜産について勉強していて、畜産関係のいろいろな資格を取得しようと思い、この大学に入学しました。

【アナウンサー】

実際にここで学んでみていかがですか?

【森井さん】

ものすごく実践的で、寮の仲間や専攻の仲間と協力しあって実習をしているので、とても楽しいです。


~担い手養成研修法人就業コース 貞本 奈津子(さだもと なつこ)さんインタビュー~

「社会人研修部門」に籍を置く貞本さんは、担い手養成研修法人就業コースを専攻し、将来は農業法人への就業を目指して頑張っています。


【アナウンサー】

以前は、東京で働かれていたそうですが、どうしてここで学ぼうと思われたのですか?

【貞本さん】

自分が身近に感じていた田園風景を残していきたいと思い、農業を始めようと思いました。法人という形態なら、農地や機械がない自分にもできるかなと思いました。

【アナウンサー】

実際にここで学んでみていかがですか?

【貞本さん】

普段触れることのできない農業機械を操作したり、実践を通して専門的な知識を得ることができるので、充実した日々を送っています。


~山口県立農業大学校の研修風景~

【アナウンサー】

山口県立農業大学校では、来年度の入学生や、社会人研修部門のさまざまなコースの受講者を募集しています。


【山口県立農業大学校の生徒の皆さん】

私たちと一緒に農業を学びませんか!農業大学校で待っています!


関係先:山口県農業振興課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる