このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・大好き!やまぐち・健康づくりでポイントゲット やまぐち健康マイレージ事業

平成27年 (2015年) 12月 15日

広報広聴課



県政テレビ番組 tys「大好き!やまぐち」



「健康づくりでポイントゲット やまぐち健康マイレージ事業」                平成27年11月10日(火曜日)放送分


動画

関係先:山口県健康増進課


動画テキスト



~やまぐち健康づくり応援カードを手に持つアナウンサーの映像~

【アナウンサー】

皆さんはこのカードご存知ですか?やまぐち健康づくり応援カード。個人個人が健康づくりに取り組むことで付与されるポイントを有効に活用できる便利なカードなんです。今日はこのカードを使う健康マイレージ事業についてご紹介します。


~オープニングタイトル映像~


~スポーツ活動や体力づくりに取り組む方の映像~

【アナウンサー】

山口県では、介護などを必要としない「健康寿命」を伸ばすため、生活習慣病の予防や生活習慣の改善に取り組んでいます。その取組の一環として、県民が健診の受診やウオーキングなどの健康づくりに取り組むことでポイントがたまる「やまぐち健康マイレージ事業」を始めました。


~山口県健康増進課 山本 高広(やまもと たかひろ)さんインタビュー~

【アナウンサー】

やまぐち健康マイレージ事業では、どうすればポイントが付与されるんですか?

【山本さん】

この事業に参加される方は、県と協働で事業を実施する8つの市町でチャレンジシートを入手していただき3つの項目について、健康づくりに取り組んだ日にちを記入していただくことによりポイントがたまります。


~チャレンジシートの項目説明~

1つ目の項目は健診の受診です。これは必須項目で、1回以上健診を受けると10ポイントが付与されます。

2つ目の項目は県や市町などが開催する健康教室やイベントなどに参加すると、こちらは1回の参加で5ポイントが付与されます。

3つ目の項目は生活習慣の改善に向けた取組で、食生活や運動、禁煙など個人で目標を立てて取り組んだ日を1日1ポイントとして付与します。


~ポイントの活用方法の説明~

【アナウンサー】

実際に35ポイントためたらどんなメリットがあるんでしょうか?

【山本さん】

35ポイントたまった時は、チャレンジシートを発行してもらった市町でやまぐち健康づくり応援カードを受け取り、この事業に協賛いただいている協力店で、さまざまなサービスを受けることができます。


~協賛事業所の映像~

現在、健康マイレージ事業に協賛いただいている事業所は約120店舗。料金割引やポイント加算など店舗によってさまざまなサービスを受ける事ができます。

協力店の一覧表や健康づくりイベントの開催告知などは、県のウエブサイト「健康やまぐちサポートステーション」で確認できます。今年度はこの事業に取り組んでいない市町もありますので、ご不明な点は山口県健康増進課までお気軽にお問い合わせください。


【アナウンサー】

皆さんも健康づくりに取り組んでポイントをため、有効活用しませんか。やまぐち健康マイレージ事業へのご参加をお待ちしています。


関係先:山口県健康増進課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる