このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・大好き!やまぐち・山口県オリジナル地どり 長州黒かしわ

平成28年 (2016年) 5月 17日

広報広聴課



県政テレビ番組 tys「大好き!やまぐち」



「山口県オリジナル地どり 長州黒かしわ」平成28年3月22日(火曜日)放送分 


動画

関係先:山口県畜産振興課


動画テキスト



【アナウンサー】

山口県では、「ゆめほっぺ」や「のどぐろ」など味や品質に優れ全国に誇れる特産品を「ぶちうまファイブ」として需要拡大に努めています。今回はその中の1つ「長州黒かしわ」をご紹介します。


~オープニングタイトル映像~


~長州黒かしわの資料映像など~

【アナウンサー】

「長州黒かしわ」は、国指定天然記念物の「黒柏鶏(くろかしわ)」を元に、県農林総合技術センターが13年の歳月をかけて開発した県産のオリジナル地どりです。


~黒かしわの特徴について、黒かしわ地どり振興協議会 会長 末永明典(すえながあきのり)さんインタビュー~


【アナウンサー】

「長州黒かしわ」は、どういう特徴を持っているのですか?

【末永さん】

肉質の特徴は、脂肪分が少なく、地どり特有の適度な歯ごたえを残しながらも柔らかく、ジューシーで臭みもなく、うま味成分を多く含んでいます。食べ方は、シンプルな塩こしょうがお薦めですが、スープも絶品です。ぜひ、大勢の方に県オリジナル地どり「長州黒かしわ」を味わっていただきたいと思います。


~長州黒かしわを使った出来立ての料理(やきとり、鍋)の映像~

【アナウンサー】

山口県オリジナル地どり「長州黒かしわ」。早速いただいてみたいと思います。


~試食~

【アナウンサー】

おいしいです。地どりということで、硬いイメージがあったのですが、適度な歯応えで、本当に、かむほどにうま味が出てきます。これは焼いても鍋にしても本当にいいですよね。


~長州黒かしわ養鶏場の映像~

【アナウンサー】

長門市で養鶏農家を営む末永裕治(すえなが ゆうじ)さんは、平成24年から「長州黒かしわ」の飼育に取り組んでいます。「長州黒かしわ」は、しっかり運動ができるよう広々とした所で飼育しています。また、飼育期間は80日以上。一般的なブロイラーの約2倍の時間をかけて育てます。


~ 有限会社 長門アグリスト 末永裕治さんインタビュー~


【末永さん】

安全で安心な鶏肉を提供するために、環境を整え、健康な鶏を飼育することを一番に考えています。飼育日数も長く、手間もかかりますが、おいしい「長州黒かしわ」を皆さんに食べていただくため一生懸命育てています。


~県の取組紹介~

【アナウンサー】

山口県では、「長州黒かしわ」を安定的に供給し、ブランド力を強化していくために生産から需要(販売)までの関係者が一体となった取り組みを支援しています。取扱店など、詳しくはホームページまたは山口県畜産振興課までお問い合わせください。


【アナウンサー】

山口県オリジナル地どり「長州黒かしわ」。皆さんも、ぜひご賞味ください。



関係先:山口県畜産振興課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる