このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・大好き!やまぐち・駐車場でのルールを守っていますか?

平成28年 (2016年) 10月 7日

広報広聴課



県政テレビ番組 tys「大好き!やまぐち」



「駐車場でのルールを守っていますか?」平成28年9月24日(土曜日)放送分 


動画

関係先:山口県厚政課

関係先:やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度について(山口県厚政課)


動画テキスト


『大好き!やまぐち』



~満車の駐車場で空きを探すアナウンサー~


【アナウンサー】

あ…駐車場が空いてない…。

あ!あそこ。でも身障者用駐車場だし…でも、ちょっとだけなら…。


ダメダメ。ルールはきちんと守りましょう!



~オープニングタイトル~


『大好き!やまぐち』

「駐車場でのルールを守っていますか?」



~車いすを使用している方が身障者用駐車場を利用する映像~


【アナウンサー】

公共施設や店舗などに設置されている身障者用駐車場は、車いすや、つえを使用している方などが、自動車のドアを大きく開けて乗り降りできるように、駐車場の幅を広くしていたり、移動の負担を少なくするため、施設の入り口付近に設置されたりしています。


~一般の駐車場に止めた自動車に車いすで近づくアナウンサー~


【アナウンサー】

うーん。入れないですね…。

実際に車いすに乗ってみると、(隣に別の車が駐車している場合)普通の駐車スペースだと車のドアに近づくことができません。やはり専用の駐車場が必要ですね。


~障害などがない方が身障者用駐車場を不正利用する映像~


【アナウンサー】

歩行や車の乗り降りが難しい方のための身障者用駐車場。しかし、本来利用する必要のない方が利用するケースや、外見からでは障害などが分かりづらい方が利用を遠慮されるケースが見受けられます。このため山口県では、身障者用駐車場を必要とする皆さんが安心して利用できる制度を導入しています。


~担当者へのインタビュー~


【アナウンサー】

「やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度」とはどのような制度なのでしょうか。


【県厚政課 主任主事 玖村 三紀(くむら みき)】

はい。これは身障者用駐車場の適正利用を進めるための制度で、県から、こちらの利用証を、障害のある方や妊婦、高齢者の方など、歩行や車の乗り降りが困難な方に交付しています。


~利用証の使い方を紹介する映像~


【アナウンサー】

利用証を車外に見えるように置いたり、車のルームミラーに掛けたりすることで、登録された協力施設の専用スペースを優先的に使うことができます。利用証を見れば、身障者用駐車場が適正に利用されているかどうかが、すぐに分かります。


~担当者へのインタビュー~


【アナウンサー】

身障者用駐車場を必要とする皆さんが安心して駐車場を利用するためには、駐車場を利用する全ての皆さんの協力が必要ですね。


【玖村】

はい。皆さんのご理解とご協力を、ぜひお願いしたいと思います。


~利用証制度に協力していただける施設の募集~


【アナウンサー】

現在山口県では、やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度にご協力いただき、駐車スペースを確保していただける協力施設を募集しています。

制度についての詳しい内容は、山口県厚政課までお気軽にお問い合わせください。


◆やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度についてのお問い合わせ

 山口県厚政課 電話083-933-2724


~終わりに~


【アナウンサー】

誰もが住みよい暮らしを実現するためにも、皆さんの思いやりと譲り合いの心で、駐車場の適正利用を進めましょう。




関係先:山口県厚政課

関係先:やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度について(山口県厚政課)

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる