このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・大好き!やまぐち・6次産業化・農商工連携の取り組みで山口県を元気に!

平成29年 (2017年) 3月 7日

広報広聴課



県政テレビ番組 tys「大好き!やまぐち」



「6次産業化・農商工連携の取り組みで山口県を元気に!」平成29年2月18日(土曜日)放送分 


動画

関係先:山口県ぶちうまやまぐち推進課

関係先:やまぐち6次産業化・農商工連携サポートセンター


動画テキスト



『大好き!やまぐち』



【アナウンサー】

山口県では、元気な農林水産業を育成していくために、農林漁業者による「6次産業化」や、中小企業者との連携による「農商工連携」の取り組みを進めています。今回は、この取り組みについてご紹介します。



~オープニングタイトル~


『大好き!やまぐち』

6次産業化・農商工連携の取り組みで山口県を元気に!



~6次産業化・農商工連携とは?~


【アナウンサー】

森重さん、山口県が進める、6次産業化・農商工連携の取り組みについて教えてください。


【ぶちうまやまぐち推進課 主任 森重 理英(もりしげ りえ)】

1次産業に携わる農林漁業者の方が、2次産業の加工、3次産業の販売に取り組むことを「6次産業化」といい、そして、農林漁業者と商工業者が互いの知恵を持ち寄り、連携して新しい商品を生み出す取り組みを「農商工連携」といいます。

県では、農林水産業の活性化を図るため、6次産業化・農商工連携の取り組みを推進しています。



~6次産業化・農商工連携の取り組みを推進する大会の開催~


【アナウンサー】

県では、こうした取り組みを広めていくため、山口市内で推進大会を開催しました。

推進大会では、実際に取り組みを行う事業者や、意欲ある農林漁業者、またバイヤーも参加した交流会が開催され、開発された商品の紹介などが行われました。


【アナウンサー】

いろいろな商品があるんですね。パッケージも、おしゃれになっています。

これらの商品は、県内の道の駅などで購入できるそうです。「山口グッと産品」の、のぼりが目印。

ぜひ、皆さんもお買い求めください。



~6次産業化などに取り組む人材の育成~


【アナウンサー】

県では、こうした商品開発以外にも、新たに6次産業化などに取り組む人材を育成する研修を実施しています。

今年度は、27人の方々が受講しました。


【アナウンサー】

研修に参加されてみていかがでしたか?


【萩市在住 高橋 伸匡(たかはし のぶまさ)さん】

ビジネスとして地域の特産品を加工、販売するにはどうすればいいかなど、普段、考えることがない専門的な部分も学ぶことができました。大変参考になりました。

これからは研修で学んだことを生かして、地域の活性化につなげていけるよう頑張りたいと思います。


【研修に参加された皆さん】

頑張るぞー!



~やまぐち6次産業化・農商工連携サポートセンター~


【アナウンサー】

県では、6次産業化や農商工連携の一体的な取り組みを促進するため、「やまぐち6次産業化・農商工連携サポートセンター」を窓口とし、事業者に対応するとともに、事業化に向けた支援や、人材育成研修などを行っています。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。


◆やまぐち6次産業化・農商工連携サポートセンター

電話 083-902-6696


【アナウンサー】

山口県では、これからも、県産農林水産物を生かした魅力ある新商品の開発や販路開拓を積極的に推進していきます。



関係先:山口県ぶちうまやまぐち推進課

関係先:やまぐち6次産業化・農商工連携サポートセンター

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる