このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・大好き!やまぐち・やまぐちパラアスリートを募集します

平成30年 (2018年) 5月 25日

広報広聴課


県政テレビ番組 tys「大好き!やまぐち」



「やまぐちパラアスリートを募集します」平成30年4月28日(土曜日)放送分 

関係先:障害者支援課


動画テキスト



『大好き!やまぐち』


【アナウンサー】

パラリンピックなど、世界を目指す障害者アスリートを支援するために創設された「やまぐちパラアスリート育成ファンド」。

今回は、その助成制度を活用し、東京パラリンピックを目指す障害者アスリートを紹介します。


~オープニングタイトルの映像~


【アナウンサー】

障害者アスリートは、企業などから財政的支援や競技に専念できる練習環境の提供を受けやすい健常者アスリートに比べ、厳しい環境に置かれているといわれています。


~パラアスリートの写真映像~


【アナウンサー】

そこで、県は平成29年度に、企業や県民の皆さんからの寄付と、県の補助金により、選手の海外遠征や強化合宿の参加費、用具の購入費などの一部を助成する制度「やまぐちパラアスリート育成ファンド」を創設しました。


~岡本(おかもと)選手の練習風景~


【アナウンサー】

岡本貴志さんは、知的障害がありますが、東京パラリンピック出場を目指し、水泳の練習に取り組んでいます。国内外の大会で上位に入賞するパラアスリートです。昨年度、助成対象選手として認定されました。


【アナウンサー】

貴志さん、練習は、どのくらいされているんですか?


【岡本(おかもと)選手】

毎日2時間、練習しています。


【アナウンサー】

ご家族として、水泳に打ち込む息子さんの姿を見て、どう思われますか?


【岡本(おかもと)選手の父親】

非常に一生懸命練習してきていますので、競技能力もぐんぐん上がっていきまして、わが子ながら誇らしいです。


【アナウンサー】

昨年度はファンドの助成対象選手に認定されたそうですが、認定されて良かったことはなんですか?


【岡本(おかもと)選手の父親】

ファンドに認定されて、経済的な負担が軽くなったこともありますが、SNSなどで紹介されて、非常にたくさんの方から応援していただいたことが励みになりました。


【アナウンサー】

今、目標はありますか?


【岡本(おかもと)選手】

東京(パラリンピック)を狙って、レースではいつも自己ベストを更新できるよう頑張ります。


【アナウンサー】

「やまぐちパラアスリート育成ファンド」は、県・企業・県民が一体となって、障害者アスリートを支援する仕組みです。

助成が受けられるのは、東京パラリンピックや視覚障害者の世界大会「デフリンピック」への出場を目指している選手です。

ただ今、助成対象選手を募集するとともに、企業や県民の皆さんからの、ご寄付も募集しています。

詳しくは県障害者支援課のホームページをご覧ください。


【アナウンサー】

山口県から世界へ羽ばたくパラアスリートを育成する「やまぐちパラアスリート育成ファンド」。

パラアスリートの活躍が楽しみですね。


《やまぐちパラアスリート育成ファンド》

お問い合わせ先 山口県障害者支援課

TEL083-933-2763


関係先:障害者支援課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる