このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・イキイキ!山口・中山間地域の活性化に向けて

平成26年 (2014年) 10月 14日

広報広聴課


県政テレビ番組 yab「イキイキ!山口」



「中山間地域の活性化に向けて」平成26年6月23日(月曜日)放送分


動画

関係先:山口県中山間地域づくり推進課


動画テキスト


~秋吉台のドリーネの映像~

【アナウンサー】

秋吉台には、すりばち状のくぼ地「ドリーネ」がたくさんあります。

昔、「ドリーネ」の一部は、畑として利用されていたそうなんです。


~ドリーネを背景にアナウンサーの映像~

【アナウンサー】

今回のイキイキ!山口は、こちら。

秋吉台の麓にある美祢市赤郷地区を舞台に、ドリーネ畑などを活用した地域おこしをご紹介します。


~オープニングタイトル~


~ドリーネ畑での作業中の中屋さんをアナウンサーが取材する映像~

【アナウンサー】

こんにちは。

今、何をされているんですか?

【赤郷地区振興会 会長 中屋弘幸さん】

カボチャを植えたからね。苗の周りに敷きワラをしているんです。

ドリーネは、くぼ地ですから、周辺から栄養分が流れてきて、その栄養分をどんどん吸収して、おいしい野菜になるんだと思う。

ゴボウ、ジャガイモ、自然薯(じねんじょ)、いろんな野菜を作って、消費者の皆さんにおいしい野菜を食べてもらいたいというのが、我々の夢なんですね。

【アナウンサー】

こういったドリーネは、他にもたくさんあるんですか?

【中屋さん】

秋吉台地域には約4000のドリーネがあり、戦前まで半数近くが畑として利用されていたが、人が少なくなって、畑を耕さなくなってきたんですね。

ドリーネ畑の再生も、地域活性化の一つの方法ですが、赤郷版「夢プラン」というのを作って地域の皆さんと話し合いを進めているところです。

【アナウンサー】

「夢プラン」ですか?

【中屋さん】

そう「夢プラン」ですよ。


~中屋さんとアナウンサーが会話しているドリーネ畑を背景に内田さんの映像~

【山口県中山間地域づくり推進課 内田 修さん】

夢プランとは、地域の将来の姿や具体的な目標、行動計画などを、地域に住む皆さん自身で定める、将来計画のことです。

県内では、現在53の地域でこの夢プランが作成され、それぞれ特色を活かした地域づくり活動が行われています。

県では、地域の皆さんによる夢プランづくりが進むよう、コーディネーターやアドバイザーといった専門家を地域に派遣したり、施設に係る補助制度を作って支援しています。


~ドリーネ畑や空き店舗、赤間関街道の草刈りの映像~

【中屋さん】

このドリーネ畑で特産の農作物を作りたい。

地区にある空き店舗を交流拠点に活用し、農作物の販売や交流の場にしたり、赤間関街道を利用してイベント企画。

全国の皆さんが赤間関街道を歩きたくなる仕掛けをしたい。

ぜひ全国から赤郷に来ていただいて、我々の赤郷ブランドを高めていきたい。


~ドリーネ畑を背景にアナウンサーと内田さんの映像~

【アナウンサー】

こうした取組が県全体に広がっていくといいですね。

【内田さん】

そうですね。


~「県庁中山間応援隊」の結隊式や地域支援活動の映像~

【内田さん】

県では、先ほど申し上げた支援のほかに、県職員からなる“県庁中山間応援隊”を組織しまして、地域の皆さんの活動を支援することとしています。

今後、こういう活動が増えていくことを願っています。


~ドリーネ畑を背景にアナウンサーと内田さんの映像~

【アナウンサー】

地域の取組をみんなで応援して、山口県をもっと元気に

【アナウンサーと内田さん】

イキイキしましょう。


関係先:山口県中山間地域づくり推進課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる