このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・イキイキ!山口・仕事と子育ての両立とは

平成28年 (2016年) 1月 19日

広報広聴課


県政テレビ番組 yab「イキイキ!山口」



「仕事と子育ての両立とは」平成27年12月21日(月曜日)放送分 


動画

関係先:山口県労働政策課


動画テキスト


~防長建材株式会社の前に立っているアナウンサーの映像~

【アナウンサー】

皆さんは、「イクボス」という言葉をご存知でしょうか?

職員の仕事と家庭の両立を応援する上司のことなんです。

こちらの会社には、今、自らも子育てに奮戦中のイクボスがいらっしゃるそうです。


~オープニングタイトル~


~防長建材株式会社で働く人たちの映像~

【ナレーション】

周南市の建設会社の営業課長古野 陽一郎(ふるの よういちろう)さん。

古野さんは今年度(平成27年度)、仕事と子育てが両立できる職場環境づくりを推進したとして、県から「やまぐちイクボス表彰」を受賞しました。


【古野さん】

私自身の子どもと同じ時期に事務を受け持つ女性社員から育児休業について相談を受けたのがきっかけになりました。

(会社としても)初のトライだったので、どういう風に行くかは分からなかったんですが、それを乗り切るために、いろいろ社員同士で知恵を出し合ったり工夫して何とか方向性が見えてきたかなと思う。


【ナレーション】

女性社員の育児休業に当たりこちらの会社では、個人用パソコンの増設など、業務の効率化を進める一方、休んでいる人の仕事をほかの人がカバーできる体制づくりを進めました。


【育児休業から復職した女性社員】

本当にどっぷり子どもと二人でいられる時間がたくさんあったので、本当に(育児休業を)頂いてよかったなと思いますね。育児休業を頂いて、1年位だったのですが、本当に子どもと二人きりの時間ができたことは、今でもよかったなと思います。


~職場の行動予定表の自分の欄に「早退」と書き入れ、退社する古野さんの映像~

【古野さん】

お先に失礼します。


【職場の人たち】

お疲れ様でした。


~保育園に子どものお迎えに行く古野さんの映像~

【ナレーション】

古野さん自身、夫婦共働きで2才の息子さんを持つ子育て中のイクメンでもあります。この日は、仕事を早めに切り上げて保育園に子供を迎えに行きます。


~公園で子どもと遊ぶ古野さんの映像~

【古野さん】

育児は24時間、いつ何があっても対応しないといけないのですが、仕事は段取りが組めますので、そういった点で言えば、(仕事の)段取りを上手に組むとか効率化をするとか、そういった工夫次第で何とかできるというところが、(仕事をする上で)一番変わったところかなと思います。


~山口県労働政策課 伊藤克平(いとう かつひら)さんのインタビュー映像~

【伊藤さん】

少子高齢化が進む中、男女がともに仕事と家庭を両立できる社会づくりが今後、ますます重要となってきています。

県では職場で子育て支援のリーダーとなる「イクボス」や男性従業員の育児参加を積極的に応援するなど、安心して子育てしながら働き続けることができる職場環境づくりに向けた取組を進めてまいります。


~お問い合わせ先~

山口県労働政策課

電話番号083-933-3221

「イクメンパパ子育て応援奨励金」のホームページ


~全員が並んでいる映像~

【アナウンサー】

ちょっとした意識改革と仕事の進め方を工夫することで、仕事と子育てを両立できる職場環境をつくることができるんですね!

上司のみなさん、あなたも「イクボス」になりませんか?



関係先:山口県労働政策課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる