このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・イキイキ!山口昭和初期レトロの旅へ出発!SL「やまぐち」号

平成28年 (2016年) 5月 24日

広報広聴課


県政テレビ番組 yab「イキイキ!山口」



「昭和初期レトロの旅へ出発!SL「やまぐち」号」平成28年4月18日(月曜日)放送分 

関係先:山口県観光プロジェクト推進室


動画テキスト


~新山口駅ホームに立っているアナウンサーの映像~


【アナウンサー】

山口線に今年もSL「やまぐち」号が帰ってきました。

今回のイキイキ!山口では、SL「やまぐち」号で行く、昭和初期レトロの旅をご紹介します。


~オープニングタイトル~


~SL「やまぐち」号運行スタートイベントの映像~


【ナレーション】

SL「やまぐち号」として活躍し、“貴婦人”の愛称でも親しまれている、

蒸気機関車C57形1号機は、昭和初期にあたる、1937年に製造されました。たくさんの人に愛されて約80年、今年、傘寿を迎えます。

傘寿を記念した特製ヘッドマークをつけて登場した、今年の運行スタートイベントでは、同じ1937年に生まれた人の中から公募で選ばれた田布施町の藤本俊一(ふじもと しゅんいち)さんが一日駅長として参加しました。


【一日駅長インタビュー】

まさか(C57型1号機が)傘寿だとは思っていなかったので、本当にびっくりした。

これからも自分なりに、機関車には負けるかもしれないが、自分自身の体に気をを付け、ますます頑張りたい。


【ナレーション】

同級生からの出発の合図を受け、SL「やまぐち」号、津和野に向けて出発です。


~SL「やまぐち」号昭和風客車(3号車)の車内の映像~


こちらは「昭和風客車」、このように電灯も旧型の電灯。レトロな雰囲気がありますね。


~昭和風客車で乗車記念証を配るSLアテンダントの映像~


記念日イベント開催日には、車内で昭和初期の衣装を身にまとったSLアテンダントによるサービスも行われ、昭和初期レトロを感じる旅を楽しむことができます。


~湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」の映像~


【ナレーション】

一方、SL「やまぐち」号が走る山口線沿線の観光地でも、昭和初期レトロを味わうことができるそうです。


【アナウンサー】

こちらでは、昭和初期の湯田温泉をイメージしたカフェが開設されているんです。

この椅子の感じも懐かしいし、SL「やまぐち」号同様懐かしさに浸れます。

SL「やまぐち」号のNゲージジオラマもあります。

昭和初期の湯田温泉の街並みにSL「やまぐち」号が走っています。

普段とは違う世界に足を踏み入れたみたいで、旅の気分が増していきます。


【ナレーション】

昭和初期レトロの旅は、平成29年度にJRグループと連携して実施する大型観光キャンペーン「やまぐちデスティネーションキャンペーン」に合わせて、今後、ますます、盛り上がりを見せそうです。


SL「やまぐち」号

運行期間 11月20日までの土・日・祝日を中心に運行

お問い合わせ先 山口線SL運行対策協議会

電話083-933-3160


~SL「やまぐち」号の映像~


【アナウンサー】

およそ80年の歴史と乗客の笑顔を乗せた、SL「やまぐち」号で昭和初期レトロの旅に出掛けてみませんか?



関係先:山口県観光プロジェクト推進室

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる