このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・イキイキ!山口・山口県警察官として働きませんか

平成30年 (2018年) 4月 27日

広報広聴課


県政テレビ番組 yab「イキイキ!山口」



「山口県警察官として働きませんか?」平成30年3月12日(月曜日)放送分

関係先:山口県職員採用試験情報(人事委員会)


動画テキスト


『イキイキ!山口』



~山口県警察本部(山口市)の前で~


【アナウンサー】

現在、山口県警では警察官を募集しています。

地域の安全・安心を守るために欠かせない存在である警察官。

今日は、その普段の仕事の様子と、警察官の募集概要について、ご紹介します。



~オープニングタイトル~


『山口県警察官として働きませんか?』



~山口駅前交番(山口市)の前で~


【アナウンサー】

山口市の山口駅前交番に勤務する、中村さんです。

中村さん、山口県警では現在、警察官を募集しているそうですね。


【山口駅前交番 中村未央(なかむら みお)さん】

はい、3月6日から、警察官採用A試験1回目の募集が始まっています。

募集は、書面で申請する場合は4月20日、インターネット申請の場合は4月13日まで受け付けています。


■山口県警察官採用試験A試験(1回目)

募集期限 書面       4月20日(金曜日)

インターネット 4月13日(金曜日)

試験日 5月13日(日曜日)


【アナウンサー】

人口減少などの影響もあって、警察官を希望する人が減っていると聞きましたが。


【中村さん】

そうなんです。受験者数は7年連続で減少しています。



~山口駅前交番での仕事の様子~


【中村さん】

私は警察官になってまだ2年目ですが、非常にやりがいのある仕事なので、より多くの人に警察官を目指してもらえるとうれしいです。


【アナウンサー】

ちなみに、中村さんはどうして警察官になろうと思われたのですか?


【中村さん】

中学生の時に、私は福岡の玄海島に住んでいて、福岡西方沖地震の被害を受けました。

島には多くの警察官が来て、私たちを助けてくれました。

その時、女性警察官に優しくしていただいたことがきっかけで、警察官になりたいと思ったのです。



~パトカーで地域巡回に出発~


【アナウンサー】

実際に警察官になって、今はどういうお仕事をされていますか?


【中村さん】

交番で通報や届け出に対応したり、パトカーで担当区域を巡回したりしています。

巡回の中で、ご高齢の方に、交通事故や、うそ電話詐欺に気を付けるよう、お話しすることがありますが、「話が聞けて良かった」とおっしゃっていただいた時には、警察官としてのやりがいを感じます。

交番は県民の皆さんにとって、最も身近な場所ですので、親しみやすい存在でいたいと思っています。



~山口県警察本部インターンシップの様子~


【アナウンサー】

警察の仕事をより詳しく知ってもらえるように、インターンシップも行われているそうですね。


【中村さん】

はい、大学生を対象に、数日間かけて、警察の仕事を体験していただいています。

実際に参加した学生さんたちからは「警察のイメージが変わった」「普段は見ることができない警察の仕事を見て、実際に働いてみたいと思った」などの声をいただいています。ぜひ多くの方に、積極的に参加していただきたいです。



~最後に~


【中村さん】

県警本部や県内の各警察署では、定期的に採用説明会を開催しています。

また、受験案内や申込書は、警察署や交番の窓口だけでなく、インターネットから入手することもできます。

ぜひ私たちと一緒に、警察官として働きましょう!


◆お問い合わせ先

山口県人事委員会事務局 電話 083-933-4474






関係先:山口県職員採用試験情報(人事委員会)

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる