このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・イキイキ!山口・「農業大学校で新たな一歩を踏み出そう!」

平成30年 (2018年) 8月 24日

広報広聴課


県政テレビ番組 yab「イキイキ!山口」



「農業大学校で新たな一歩を踏み出そう!」平成30年7月23日(月曜日)放送分

関係先:山口県立農業大学校

関係先:山口県農林水産部農業振興課


動画テキスト




『イキイキ!山口』



~県立農業大学校(防府市)~


【アナウンサー】

県内で農業に携わる人の平均年齢は70歳を超え、高齢化が進み担い手が不足しています。

一方で、農業を目指す若い人たちは増加傾向にあるそうです。

今回の「イキイキ!山口」は県の農業大学校で行われている社会人研修の様子と、

実際に学んでいる方たちの声をご紹介します。



~オープニングタイトルの映像~

『農業大学校で新たな一歩を踏み出そう!』



~県立農業大学校(防府市)研修用のハウス内~


【アナウンサー】

田中さん、こちらでは若手の農業従事者を増やそうと、さまざまな研修が行われているようですね。


【県立農業大学校 田中司(たなか つかさ)さん】

こちらでは農業を目指される社会人向けの「やまぐち就農支援塾」を開講しています。

各種研修の中でも「担い手養成研修」は、本格的に農業を目指す方向けの

1年間のフルタイムの研修です。

自ら農業経営を行おうという方を対象とした「自営就農コース」と、

農業法人への就業を目指す「法人就業コース」の2つがあります。

平成30年度は、延べ25人の研修生が、ここで学んでおられます。



~県立農業大学校(防府市)収穫中のハウス内で研修生にインタビュー~


【アナウンサー】

こちらでは研修生の方がトマトの収穫作業を行っています。

橋本さんです。こんにちは。


【研修生の橋本真紀(はしもと まき)さん】

こんにちは。


【アナウンサー】

橋本さんはどうして県内で農業をしようと思ったのですか?


【橋本さん】

私は東京都出身ですが、山口県に移住してきたことをきっかけに、自然環境の豊かな山口県内で農業に挑戦したい、そして山口県に暮らし続けたいと思うようになりました。見知らぬ土地で農業に取り組むことに不安もありましたが、農大には寮もあるので技術習得に専念できる環境が整っています。


【アナウンサー】

石亀さん、実際に研修を受けてみてどうですか?


【研修生の石亀賢治(いしがめ けんじ)さん】

農業に関する知識や技術はほとんどありませんでしたが、ここでは、研修生にハウス1棟(いっとう)が割り当てられるので、全ての作業が経験できますし、自分が担当している作物以外のさまざまな作物の栽培にも関わることができます。


【アナウンサー】

藤村さんは、研修を受けてみていかがですか?


【研修生の藤村智一(ふじむら ともかず)さん】

私は、全くの素人だったのですが、農大での研修、現地での研修等で、技術がすごく向上しました。

農業を一緒にやる仲間が増えたことが一番いいなと感じました。



~県からのお知らせ~

【県立農業大学校 田中司(たなか つかさ)さん】

農業大学校の社会人研修は、農業未経験者でも一から学ぶことができます。来年度の担い手養成研修生の募集は9月3日から始まります。


【研修生の板垣人夢(いたがき ひとむ)さん】

私たちと一緒に県内の農業を盛り上げていきませんか?



~県からのお知らせ画面~

やまぐち就農支援塾(社会人研修生) 「担い手養成研修」

研修期間:来年3月から1年間

9月3日(月曜日)から募集スタート!

[お問い合わせ先]山口県立農業大学校 電話番号0835-27-2714



◆お問い合わせ先

山口県立農業大学校 電話 0835-27-2714

山口県農林水産部農業振興課 電話 083-933-3375



テキストデータは以上です。




関係先:山口県立農業大学校

関係先:山口県農林水産部農業振興課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる