このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 知事記者会見録・平成21年7月28日実施分

平成21年 (2009年) 7月 28日

広報広聴課

知事記者会見録

(平成21年7月28日実施分)

知事記者会見録一覧へ


〔山口県災害対策本部第3回本部員会議〕

日時 平成21年(2009年)7月28日(火曜日)

11時38分~11時42分

場所 県庁2階 災害対策室

会見する二井知事

山口放送(KRY)

 まず、災害からちょうど今日で1週間ということになりましたけれど、今回の災害をどのように受け止められていらっしゃるでしょうか。


知事

 土石流による災害という、県としても、かつて経験をしたことことがないような大きな災害になりましたので、これまで県としては、当面対策について、国の応援もいただきながら、今日まで全力で取り組んできました。

 しかし、これからも天候がまた悪化することも懸念されておりますから、引き続いて、二次災害が起きないように、その対策をしていかなければなりませんし、被災者の皆さんも、かなりお疲れになっているという状況にもありますから、今日、その対策部も発足しましたので、県としても、被災者支援のための対策をこれから強化をしていく、同時に、事業も、応急対策、それから復旧対策、これもやらなければいけませんから、これからも、県としてできることを総合的に見ながら、あらゆる分野で対策を講じて、早く県民の皆さんが安心できるようにしていきたいと考えております。


山口放送(KRY)

 若干、重複しますけれども、1週間たちまして、そろそろ被災者支援というのも非常に大きな問題として、クローズアップされてこられると思うんですけれども、県だけではなく、すべてにおいてどのように取り組んでいかれますか。


知事

 やはり被災者の皆さんにとっては、大変心配をされておられると思いますから、県としても関係の市とよく連携をしながら、被災者の皆さんが早く安全な生活に戻れるように努力をしなければいけないと思います。

 従って、今日の本部員会議でも話をしましたように、センサーを設置して、被災者の皆さんが、二次被害に遭われないような対策を早くするとか、あるいは、県営住宅の提供もさせていただいておりますし、きめ細かく資金面の対策も含めて、これから実施をしていきたいと思いますので、遠慮なしに県の方にもご相談をいただきたいと思っております。


山口放送(KRY)

 昨日、国の方にも行かれまして、どうしても、地元だけでは手に負えないほどの災害だと思います。明日、総理が来るという報道もありましたけれども、改めて国にどういうお願いをしたいか、昨日の成果も含めて教えていただけますか。


知事

 昨日も総理に、激甚災害法の早期適用を、直接お願いしましたが、明日、現地に来ていただき、実際に見ていただけましたら、山口県の災害の状況が、非常に大きなものであるということがお分かりいただけると思いますので、各省庁にさらに強い指示をしていただけるのではないかと思っております。

 それから、今も、国からもかなりの職員を派遣していただいておりますから、これからも引き続いて派遣をしていただいて、そして、いろいろな面で指導をいだだければと思います。

 それから、もう1点は高速自動車道の無料化ですが、これを直ちに実施をしていただけました。昨日の午前中だけ見ましても、5千台ぐらいそれによって増えたと聞いておりますので、かなりの大きな成果が出てきていると思っております。

 従って、やはりこれからも国の方の応援がなければ、この対策もなかなか進まないという面も当然ありますから、これからもいろいろな面で国の応援を求めていきたいと思います。


テレビ山口(TYS)

 今、二次災害等々の危険のお話もされましたが、被災者のメンタルな部分とか健康の部分とか、そういうのを心配されますが、県として何か取り組まれることがありますか。


知事

 これについては、保健師の皆さん等の派遣とか、いろいろな対応もありましょうから、これから具体的な要望事項も聞きながら、県としてどういうことをやったら一番いいのか、考えていきたいと思います。




作成:山口県総合政策部広報広聴課


おいでませ知事室へに戻る



お問い合わせ先

総合政策部

閉じる