このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 知事記者会見録・平成21年11月20日実施分

平成21年 (2009年) 11月 25日

広報広聴課

知事記者会見録

(平成21年11月20日実施分)

知事記者会見録一覧へ


日時 平成21年(2009年)11月20日(金曜日)

13時30分~13時49分

場所 県庁2階 記者会見室

会見する二井知事

発表項目

・ 11月県議会について

・「新山口県競技力向上対策本部」の設置について




知事

 皆さん、お疲れ様です。最初に、11月定例県議会について申し上げます。今日午前中に議会運営委員会が開かれまして、来る11月27日から12月18日までの会期日程が決定されました。

 議会運営委員会での説明と重複をすると思いますが、今議会には、補正予算をはじめ、阿東町の山口市への編入に伴う条例の制定など、28議案を提出することにいたしております。

 このうち、補正予算につきましては、9月補正で対応を見送った経済危機対策関連予算につきまして、国の本年度補正予算の見直しが明らかとなりましたことから、その状況を踏まえて、今回、計31億円を追加計上いたしますが、一方、給与改定に伴う職員給与費の減、これが54億円ありますので、これによりまして、総額では13億円の減額補正となっております。

 経済危機対策につきましては、具体的には、家庭における太陽光発電の導入等を支援する地域グリーンニューディール基金等の積増しや、特定地域内における医療連携の取組の支援、さらには、学校施設の耐震化の促進等について、それぞれ所要の予算措置を講じることにしております。

 また、県社会福祉事業団が岩国市に設置をいたしております特別養護老人ホーム「灘海園(なだみえん)」の移転につきまして、地元要望が強い「愛宕山まちづくりゾーン」に移転する所要の経費の一部を助成することとして措置をいたしております。

 また、新型インフルエンザ対策として、低所得者に係るワクチン接種費用の助成及び医療機関における院内感染防止のための設備整備に対する支援につきまして、計10億円を新たに予算計上いたしております。

 なお、今回、条例改正として、山口・防府地域及び宇部・美祢地域の出先機関の再編統合に係る議案を提出することにいたしております。

 県では、「県庁機構改革の指針」に基づき、広域生活圏・1事務所を基本に、平成18年度以降、順次再編を実施をいたし、26機関の再編整備を行ってまいりましたが、経過措置として4年の猶予期間を設けていた市部の出先機関につきましても、来年4月に指針に沿って統合するため、今議会へ条例案を提出いたします。

 しかしながら、統合後におきましても住民サービスに支障をきたすことがないように、支所あるいは分室も設置をし、現地機能の確保を図った上で、具体的には、山口・防府地域における県税事務所、健康福祉センター、土木事務所及び宇部・美祢地域にある土木事務所の統合を行いたいと考えております。


 次に国体の競技力向上対策についてであります。

 先月の記者会見でお話をしましたとおり、このたびの新潟国体の成績を踏まえまして、これまでの「競技力向上対策本部」を抜本的に見直して、新たな「競技力向上対策本部」を立ち上げることにいたしました。その構成につきましては、私がその本部長に就任をいたしますとともに、国体正式競技である40競技団体の強化責任者を本部委員とし、各競技団体の課題やご意見を、強化責任者の皆さんから直接、しっかりとお聞きをして、現場主義で競技力の向上に取り組んでまいりたいと思っております。

 これらの方針の下に、具体的には11月24日に最初の本部委員会を開催いたします。

 何といっても国体の盛り上がりは、地元選手の活躍によりますので、県民の皆様には、地域・職場の中で、選手を激励していただいて、大会の機運も盛り上げていただくようにお願いをいたします。

 今後とも、国体県民運動の取組と国体への競技力の向上とが一体となって進むよう、競技力向上の所管につきましても、12月1日から知事部局の国体・障害者スポーツ大会局へ移管することといたします。

 山口国体まで、あと680日となりました。これからも山口国体総合優勝に向けて、私自身が先頭に立って、全力で競技力向上に取り組んでまいります。

 以上です。


山口放送(KRY)

 出先機関再編整備ですが、山口と防府の土木建築事務所に関して、昨日、山口、阿東の両議会から慎重対応を求める要望が出ていますけれども、地元でのこうした声について、知事はどのようにお考えでしょうか。


知事

 当然、そういうご心配もあると思いますが、今お話をしましたように、サービス機能については、今回、低下をしない形で統合を考えておりますから、よく説明をすれば、あるいは、今後の県の運営状況を見ていただければ、ご理解をいただけると判断をしております。


時事通信

 事業仕分けが進められていますが、知事としてのお考え、評価等があれば、伺いたいのですが。


知事

 事業仕分けそのものについては、われわれもそういう発想で取り組まなければならないと思っておりますから、そのこと自体については、非常にいいことだと思っております。

 ただ、そのやり方について、今のようなやり方でいいのかどうかということについては、私は、どうかなと思います。といいますのが、各省庁からの予算要求も政治主導でなされて要求をされたと思います。従って、説明をする人は、政務官以上が説明をして、そして、いわゆる官僚がその説明を補足する、補佐するということで対応すべきであると思うわけですが、今回のやり方を見ると、いわゆる各省庁の官僚が説明をして、政務官以上は仕分け人の中に入っておられるということで、官僚を表に出して説明をさせているということは、あの短時間の中でいろいろ議論する中で、どうも見た目は、官僚たたきをしているのではないか、官僚いじめをしているのではないかと見えてしまいます。

 しかも、財務省の方から事前に論点等も話をされますので、どうも財務省主導型の、財務省監督・演出による、仕分け人主演の官僚たたき、官僚いじめではないかと見えてしまっているというのが残念です。ただ、国民の皆さんから見ると、予算の内容について、オープンにされたということで、その辺の評価はされているということは理解しております。


山口放送(KRY)

 いろんな事業が俎上(そじよう)に載っていますが、山口県への影響というのはどのようにお考えでしょうか。


知事

 事業仕分けだけで判断するわけにはいきません。これから、その結果も踏まえて政府としてどう決定されるかということになってくると思います。

 ただ、事業仕分けの結果をそのまま反映をされるということになりますと、農道の整備等に影響が出てくるものもあるのではないかと思っておりますし、果たして仕分け人の皆さんが、その辺の事業のこと、あるいは地域のことまで十分、分かった上で、仕分けの際の意見を言われたのかどうか、その辺については、どうも不透明な点があるのではないかと思います。


テレビ山口(TYS)

 その仕分けの中で、空港整備費が10パーセント減という方針が示されましたが、民間空港の再開実現を目指す県にとって、どのような影響があるとお考えでしょうか。


知事

 中身が全くオープンにされておりませんから、岩国基地民間空港の再開について、どう影響が出るのか、今のところ判断はできないという状況になっているということです。


山口新聞

 灘海園の関係なんですけど、先日、岩国市長が来られた時に、土地取得に向けて財政支援されるということだったのですが、その金額は2億5千万円ということですか。


知事

 5億円のうち2億5千万円、半分を補助するということです。


山口新聞

 灘海園の土地の取得代が5億円で、その半額が2億5千万円ですが、その5億円の算定の根拠は。


知事

 愛宕山地域開発事業に係る20年度末の収支差額が240億円あり、それを基に計算をした額です。実際に売買を行う際は、改めて用地の鑑定評価をした上で、適正価格で契約をすることになります。


中国新聞

 子ども手当についてですが、地方負担を検討するようなニュースが流れていますが、それについてどのようにお考えですか。


知事

 民主党のマニフェストに基づいて提案されたわけですし、そのマニフェストでは、地域主権国家を目指すということが、明確にうたわれているわけですから、私としては、ああいう地方負担を求めるような発言を、軽々にしてもらっては困ると思っております。私どもとしては、子ども手当はそういう発想に基づいてなされたわけですから、これは全額国庫で負担すべきであると思っております。

 ただ、子育て全体の総合施策を、どうするかということが全く見えてきていませんから、他の分野で、例えば、サービス面での子育て支援をするのに、地域も負担をしてもらいたいとかいうことが出てくれば、それは個別に、地域負担ということは考えていかなくてはならないと思いますが、子ども手当そのものについて、地方負担を求めるというのはどうかと思っています。


中国新聞

 その反対の意思のアクションを、これから全国知事会とかで起こすとか、そういうご予定とかはありますか。


知事

 どうなるか分かりませんが、25日に政府主催の全国知事会議がありますので、その中でも、そういう発言が出てくるのではないかと思いますし、また、そういう発言を期待しております。


テレビ山口(TYS)

 先ほどの事業仕分けの関係で、民間空港の再開についてちょっと聞きたいのですが、3年度間で総事業費46億円という額が前回示されていましたが、この額がずれ込むことによって、今後のスケジュールにも影響を与えるのではないかと思うのですが、知事自身、県として、国に要望し働き掛けて、予算化を求めていくとか、そういう動きはあるんでしょうか。


知事

 状況を見た上で判断をします。今は行っても、この前と同じように、たぶん具体的な話は出てこないと思います。従って、私は、出てきたときに県としてどう判断するのか、その結果を見て、今後の対応の仕方を考えていきたいと思います。


山口放送(KRY)

 灘海園のことに関して、もう一度確認なんですが、5億円の根拠は、実質的な赤字額240億円を、単純に面積で割った仮置きの金額という理解ですか。


知事

 そうです。


山口放送(KRY)

 最初の売買契約になると思われるんですけども、将来的な240億円の赤字解消という目的の中で、最初に単価が見えてくるというのは、とても大きな行為なのかなと思うんですが。国に売れるか売れないかは別にして、それを基準に国も買い取ることになると思うので。


知事

 そうです。ですから、鑑定価格については、十分検討しなければいけないと思っております。


山口放送(KRY)

 今のところ、試算等々で、240億円の赤字が解消できるかどうかというめどというのは。


知事

 まだ、そこまで具体的なものは検討しておりません。


毎日新聞

 経済対策の件で、先ほど知事の発言の中で、国の補正の見直しが明らかになってきたので、ということをおっしゃっていましたが、今回、国がどのような方針を示したという認識でいらっしゃいますか。


知事

 新政権としての経済危機対策が、前の政権時代の施策についても見直しをされた結果、こういうふうに固まったので、今回提案をさせていただきました。


毎日新聞

 ということは、国の方がやると決めた分について、今回提案したということですか。


知事

 そういうことです。


毎日新聞

 逆に言えば、旧政権時代に盛り込まれて外されたものがあって、その分は計上されていないというような選別をされたということですか。


知事

 もう一度再確認をした上で、今回出させていただいたということです。


毎日新聞

 その国の方針は、もう最終決定したということなんですか。


知事

 私はそのように理解しております。


山口放送(KRY)

 民間空港なんですが、3セク会社への出資金等は、今回の予算では措置しないということですか。


知事

 もちろん国の方の方針が決定をしていませんから、決定をすればそれによってターミナルビルをどうしたらいいのかというようなことが、当然次の問題として出てきますので、その際、具体的に検討していきたいと思っております。


テレビ山口(TYS)

 今進められている工事を、中止をするとかいうことはないですか。


知事

 そういうつもりはありません。私どもとしては、この前も言いましたように、費用便益分析で4.7という数字も出ている非常に投資効果の高い事業だと国が位置付けておりますから、これを止めるとかいうことは、もうないと考えています。しかし、そうはいっても、正式に決定しないと次の予算措置もできないので、朗報を待っているという状況です。


山口新聞

 また灘海園なんですが、この2億5千万円なんですけれども、今日の議会運営委員会の資料によると、経済危機対策関連事業の中に盛り込まれていますが、その辺の説明を。


知事

 財源は交付金を活用したということです。


山口新聞

 国の交付金ですか。


知事

 経済危機対策臨時交付金です。


山口新聞

 イメージとしては、きらら浜と同じ感覚ですか。


知事

 同じ交付金を使っています。



作成:山口県総合政策部広報広聴課


おいでませ知事室へに戻る



お問い合わせ先

総合政策部

閉じる