このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 観光の魅力・主な観光地(萩エリア)

平成28年 (2016年) 3月 18日

広報広聴課

萩エリア


萩エリアをご紹介します。(平成28年3月現在の情報です。)

萩市観光協会(萩市へのアクセス)

萩市

松下村塾(しょうかそんじゅく)

幕末の思想家・教育者である吉田松陰(よしだ しょういん)が主宰した私塾です。この塾では身分の区別なく学ぶことができ、幕末維新期に活躍し、近代日本の原動力となった数多くの逸材を輩出しました。

萩市観光協会(松下村塾)


「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産へ登録勧告されました!

松下村塾など、萩市の5カ所が含まれています。(萩城下町、萩反射炉、恵美須ケ鼻(えびすがはな)造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡、松下村塾)

萩市観光協会

松下村塾

江戸時代の地図がそのまま使える「萩城城下町」

今も町筋がそのまま残り、往時の面影をとどめています。菊屋横町、伊勢屋横町、江戸屋横町と呼ばれる小路があり、高杉晋作(たかすぎ しんさく)誕生地、木戸孝允(きど たかよし)旧宅、青木周弼(あおき しゅうすけ)旧宅や、なまこ壁の土蔵、門、土塀などが並んでいます。

萩市観光協会(萩城城下町)

萩城下町

日本の道百選に選定された「菊屋横町」

菊屋横町は、藩の御用商人だった菊屋家の住宅があった町並みで、白壁となまこ壁の美しい通りです。

萩市観光協会(菊屋横町)

菊屋横町

鍵曲

鍵曲(かいまがり) とは、城下に進入した敵を迷わせ、追い詰めるための工夫の一つとして、左右を高い土塀で囲み、道を鍵の手に曲げて迷路のようにしたものです。口羽(くちば)家住宅そばの堀内鍵曲は道路も未舗装のままにしてあり、往時の趣そのままが味わえます。

萩市観光協会(平安古(ひやこ)鍵曲)

萩市観光協会(堀内鍵曲)

鍵曲

旧湯川家屋敷

藍場川(あいばがわ)沿いにある藩政時代の武家屋敷です。川の水を屋敷内に引き入れて流水式の池泉(ちせん)庭園を造り、池から出た水を家の中にも引き入れ、家庭用水として使った後、再び川に戻しています。ガイドが常駐し、施設の説明を行っています。

萩市観光協会(旧湯川家屋敷)

旧湯川家屋敷

萩八景遊覧船

水の都「萩」の景観を水辺から遊覧する「観光遊覧船」は、3月から11月まで運航します。遊覧コースは、萩城跡横の指月(しづき)橋を始点に、堀内地区伝統的建造物群保存地区内・平安古地区伝統的建造物群保存地区内の武家屋敷群を川から眺める約40分の往復ルートです。

萩市観光協会(萩八景遊覧船)

萩八景遊覧船

東光寺と大照院

毛利家の菩提寺です。東光寺(とうこうじ)には、3代から11代までの奇数代の藩主と夫人などの墓があり、大照院(だいしょういん)には、初代藩主以下2代から12代までの偶数代の藩主と夫人などの墓があります。

萩市観光協会(東光寺)

萩市観光協会(大照院)

東光寺

 

大照院

道の駅 萩しーまーと

萩漁港に隣接し、毎日新鮮な魚介類が運ばれてきます。中には海鮮レストランが3店舗あり、それらの鮮魚を生かしたメニューを楽しむことができます。

道の駅 萩しーまーと

道の駅萩しーまーとの写真

道の駅 ゆとりパークたまがわ

国道191号沿いにある「道の駅 ゆとりパークたまがわ」は、山口県の道の駅の中では最も北にあり、山口県と島根県の県境に位置します。すぐ近くには田万川(たまがわ)温泉「憩いの湯」や、キャンピングカー専用の滞在施設「RVパークたまがわ」、田万川キャンプ場などもあり、レジャーも楽しめます。

道の駅 ゆとりパークたまがわ

道の駅ゆとりパークたまがわの写真







お問い合わせ先

総合政策部

閉じる