このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 観光の魅力・主な観光地(県央エリア)

平成28年 (2016年) 3月 18日

広報広聴課

県央エリア(山口市・防府市)


県央エリア(山口市・防府市)をご紹介します。(平成28年3月現在の情報です。)

山口市観光情報サイト(山口市へのアクセス)

防府市観光協会(防府市へのアクセス)

山口きらら博記念公園

湯田温泉(山口市)

室町時代、守護大名の大内(おおうち)氏を訪ねて山口にやってきた明(みん。現在の中国)の詩人が「温泉春色」と詩に歌った歴史ある温泉です。白狐(びゃっこ)が池に入って傷を癒やしていたことが温泉発見のきっかけになったと伝わります。

山口市観光情報サイト(湯田温泉)

湯田温泉の写真

国宝・瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔(山口市)

室町時代中期における優れた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、日本三名塔の一つにも数えられています。日没ごろから数時間ライトアップされ、夜も見どころの一つです。

山口市観光情報サイト(瑠璃光寺)

山口市観光情報サイト(観光ガイド紹介)

瑠璃光寺の写真

 

国宝・瑠璃光寺五重塔ライトアップの写真

山口サビエル記念聖堂(山口市)

天文20(1551)年、宣教師フランシスコ=サビエルがキリスト教の布教活動を行うために山口を訪れ、翌天文21(1552)年12月9日、山口の地で降誕祭が行われました。これが日本で初めてクリスマスが祝われた日と記録されています。昭和27(1952)年、サビエルが山口を訪れてから400年になるのを記念して建てられたカトリック教会でしたが、惜しくも平成3(1991)年9月に焼失。現在の聖堂は、平成10(1998)年4月に再建されたものです。

山口市観光情報サイト(山口サビエル記念聖堂)

山口サビエル記念聖堂の写真

常栄寺(じょうえいじ)雪舟庭(山口市)

大内政弘(おおうち まさひろ)が、室町時代中頃に画聖・雪舟(せっしゅう)に命じて築庭したものといわれています。室町時代の枯れ山水石庭の典型的なもので、簡素にして豪放なたたずまいを見せています。

山口市観光情報サイト(常栄寺雪舟庭)

常栄寺雪舟庭

長門峡(山口市)

奇岩や滝など、日本画のように美しい景色をみながら、約5.3キロメートルの遊歩道に沿って歩いて散策できます。

山口市観光情報サイト(長門峡)

長門峡

道の駅 長門峡(山口市)

国指定の名勝「長門峡」そばにある道の駅です。

山口きらめーる(道の駅 長門峡)

道の駅長門峡の写真

道の駅 きららあじす(山口市)

自然共生型運動公園「山口きらら博記念公園」そばにある道の駅です。

山口きらめーる(道の駅 きららあじす)

道の駅きららあじすの写真

道の駅 仁保の郷(山口市)

山口県のほぼ中央に位置し、県内各地の特産品が多く集まっています。

山口きらめーる(道の駅 仁保の郷)

道の駅 仁保の郷の写真

道の駅 願成就温泉(山口市)

山口市阿東(あとう)と島根県津和野(つわの)町との境にある道の駅「願成就(がんじょうじゅ)温泉」は、温泉も楽しめる道の駅です。

山口きらめーる(道の駅 願成就温泉)

道の駅願成就温泉の画像

萩往還(防府市・山口市・萩市)

萩往還(はぎおうかん)は、慶長9(1604)年、萩城下(萩市)と三田尻(みたじり・防府市)をほぼ最短で結ぶ参勤交代の道として開かれた52.7キロメートルの街道です。近世の民衆や維新の志士たちの交通路としても重要な役割を果たしました。関連の遺跡として、国境の碑、一の坂一里塚、六軒茶屋があります。

歴史の道「萩往還」

萩往還

防府天満宮(防府市)

学問の神様としてあがめられている菅原道真(すがわら みちざね)を祭った「日本最初の天満宮」で、京都の北野天満宮、福岡の太宰府(だざいふ)天満宮とともに日本の三天神といわれています。

防府市観光協会(防府天満宮)

防府天満宮

周防国分寺(防府市)

天平13(741)年、聖武天皇の勅願により、諸国に国分寺がおかれた際に創建されました。当初の寺域をほぼ維持しているのは全国でもまれで、周防国分寺旧境内は国の史跡に指定されています。

防府市観光協会(周防国分寺)

周防国分寺

毛利氏庭園・毛利博物館(防府市)

庭園はひょうたん池を巡る回遊式で、四季折々の景観が楽しめます。旧萩藩主毛利(もうり)氏により大正5(1916)年に建てられた邸宅の一部は「毛利博物館」として、毛利元就(もとなり)ゆかりの品をはじめ、国宝を含む約2万点の宝物を所蔵、展示しています。

防府市観光協会(毛利氏庭園)

毛利氏庭園の写真

東大寺別院阿弥陀寺(あみだじ)(防府市)

東大寺再建のため周防国(すおうのくに)へ西下した重源上人(ちょうげんしょうにん)が、後白河(ごしらかわ)法皇の現世安穏を祈って、文治3(1187)年に建てた古刹(こさつ)で、アジサイ寺としても有名です。

防府市観光協会(東大寺別院阿弥陀寺)

東大寺別院阿弥陀寺







お問い合わせ先

総合政策部

閉じる