このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政ワンショット・トップ

平成29年 (2017年) 9月 19日

広報広聴課

県政ワンショット!


【9月】


県政ワンショット

9月18日・山口ゆめ花博1年前イベントを開催


記念撮影する村岡知事の写真

開催1年前を記念して

来年9月14日から11月4日までの52日間、「山口ゆめ花博」(第35回全国都市緑化やまぐちフェア)を山口市の山口きらら博記念公園で開催します。開催1年前の節目を記念したイベントを山口市で開催し、村岡嗣政知事が参加しました。イベントでは、県民150人の交流ワークショップや、小さなガラコンサート、巨大な日光写真のお披露目などを行いました。

担当課:山口ゆめ花博推進室





県政ワンショット

9月16日・平成29年度山口県消防操法大会を開催


あいさつする村岡知事の写真

地域防災の要として

消防技術の向上や消防団員の士気・連帯意識の高揚を図り、消防団の活動力の強化と県民の理解を深めるため、県内の消防団および女性消防隊の代表が消防操法の技を競う、消防操法大会を山口市で開催しました。村岡嗣政知事は「皆さま方には、地域防災の要として、地域における防災意識の醸成や防災活動の促進に、さらにご尽力をいただいきたい」とあいさつしました。

担当課:消防保安課





県政ワンショット

9月15日・「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」啓発のために

      大野将平選手が知事を訪問


大野選手と記念撮影する村岡知事の写真

スマートフォンやパソコンが東京2020大会のメダルに生まれ変わる!

山口県出身の、リオデジャネイロオリンピック柔道金メダリスト、大野将平(おおの しょうへい)選手が村岡嗣政知事を訪問され、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」について報告しました。このプロジェクトは、東京2020大会の金・銀・銅メダルを、使用済み小型家電のリサイクルで製作するという、オリンピック・パラリンピック史上初の取り組みです。

担当課:廃棄物・リサイクル対策課





県政ワンショット

9月15日・平成29年度第1回「山口県活力創出本部会議」を開催


あいさつする村岡知事の写真

「活力みなぎる山口県」の実現のために

「元気創出やまぐち!未来開拓チャレンジプラン」の進行管理などについて審議するため、平成29年度第1回「山口県活力創出本部会議」を県庁で開催しました。村岡嗣政知事は「①チャレンジプランの目標達成に向けた取り組みの強化、②総合戦略に掲げた施策のさらなる推進、③国の政策への積極的な対応の3点について、全力で取り組んでいただきたい」とあいさつしました。

担当課:政策企画課





県政ワンショット

9月12日・「元気創出!どこでもトーク(地域懇談会)」を開催


あいさつする村岡知事の写真

萩地域の皆さんからご意見をお聴きしました

分野別の「元気創出!どこでもトーク」に加え、地域で活躍されている皆さんから村岡嗣政知事がご意見をお聴きする地域懇談会を各地域で開催しています。本年度第3回目は、萩市佐々並の「萩往還佐々並おもてなし茶屋(旧小林家住宅)」を視察した後、「県の元気創出に向けて」をトークテーマに、萩総合庁舎で地域懇談会を開催しました。

担当課:広報広聴課





県政ワンショット

9月11日・空手道競技の野田彩加選手が知事を表敬訪問


記念撮影する村岡知事の写真

全国大会での優勝を報告

カラテドリームフェスティバル2017全国大会組手部門で優勝した、宇部市立黒石中学校2年生の野田彩加(のだ あやか)選手が村岡嗣政知事を表敬訪問されました。村岡知事は「全国大会組手部門での優勝、おめでとうございます。ぜひ、これからも練習に励んでいただき、参加される各大会において立派な成績を残していただきたいと思います。今後のますますの活躍を心より期待しています」と激励しました。

担当課:スポーツ推進課




県政ワンショット

9月8日・山東省訪問団が知事を表敬訪問


記念品の交換をする村岡知事の写真

両県省のさらなる交流の拡大を

山口県と中国・山東省との友好協定締結35周年を記念し、山東省人民代表大会の夏耕(か こう)副主任を団長とする、山東省訪問団が村岡嗣政知事を表敬訪問されました。会談で村岡知事は「友好協定の精神をしっかりと継承し、35周年を機に新たな分野での交流を拡大していきたいと考えています。今後も山東省との友好関係を一層発展させていきたいので、よろしくお願いします」と述べました。

担当課:国際課




県政ワンショット

9月8日・「やまぐち移住倶楽部」大交流会を開催


パネルディスカッションに参加する村岡知事の写真

移住者同士の交流を促進

安心して本県への移住・定住ができるよう、移住者を支え、移住者同士が交流する場として設立した「やまぐち移住倶楽部(くらぶ)」が設立1周年を迎え、これを記念した交流会を下松市で開催しました。Uターン経験のある村岡嗣政知事も移住倶楽部のキャプテンとして、移住者との意見交換会やパネルディスカッションに参加し、移住者を呼び込む方策などについて意見を交わしました。また、移住者が作った商品の試食・試飲を行うなど親しく交流し、こうした活動を広く発信することを通じて、さらなる移住の促進に力を合わせて取り組むことを呼び掛けました。

担当課:中山間地域づくり推進課




県政ワンショット

9月6日 広島・山口両県知事会議を開催


会議での村岡知事の写真

両県の連携をさらに強化

村岡嗣政知事と湯﨑英彦(ゆざき ひでひこ)広島県知事は、両県に共通する地域課題などについて認識を深めるとともに、今後の連携について意見交換を行う知事会議を長門市で開催しました。会議に先立って、秋吉台のサイクリングコースの試走や、長門市俵山の移住創業者のコーヒー豆販売店の視察等を行い、会議では、魅力的なサイクリングエリアの形成や中山間地域の活性化の取り組みなどについて、両県の連携を一層深めていくことを確認しました。

担当課:政策企画課





県政ワンショット

9月4日・「元気創出!どこでもトーク(分野別)」を開催


あいさつする村岡知事の写真

自治会活動について、ご意見をお聴きしました

本年度第4回目の分野別「元気創出!どこでもトーク」を山口市で行いました。今回は「自治会活動を通じた地域づくり」、「少子高齢化および人口減少における自治会活動」をトークテーマに、出席した山口県自治会連合会役員から直接ご意見をお聴きしました。

担当課:広報広聴課






県政ワンショット

9月2日・幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン オープニングイベントを開催


記念撮影する村岡知事の写真

山口DCの開催を県内外に広くPR

9月から「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(山口DC)」が開幕しました。このキャンペーンを県内外に広くPRするとともに、来県される観光客の皆さまをおもてなしするため、新山口駅でオープニングイベントを開催しました。セレモニーに出席した村岡嗣政知事は、参加した地元関係者に対し、「観光客の方々に山口県のファンになっていただけるよう、最高のおもてなしでお出迎えいただきたい」とあいさつしました。当日は、SL「やまぐち」号の新製客車のデビューや、各地域の特産品を販売する「駅マルシェ」、観光PR・伝統芸能ステージなど、さまざなイベントが行われました。担当課:観光プロジェクト推進室




【8月】


県政ワンショット

8月26日・27日・ブラジルおよびペルーの山口県人会創立90周年記念式典に出席


あいさつする村岡知事の写真

山口県人会創立90周年を祝福

本県出身の移住者などで組織されるブラジルおよびぺルーの山口県人会が創立90周年を迎え、それぞれ現地で記念式典が開催され、村岡嗣政知事をはじめとする山口県代表訪問団が出席しました。村岡知事は「山口県人会創立90周年、おめでとうございます。これまでの先達のご労苦と山口県人としての誇りに思いを至らし、未来に向けた一歩を踏み出していただきたい」とあいさつしました。訪問団は、ブラジルでは移住先没者慰霊碑やブラジル日本移民史料館等を訪問し、ペルーではペルー山口学校やカサ・ブランカ日本人墓地などを訪問しました。

担当課:国際課







県政ワンショット

8月22日・「日本語スピーチコンテスト」最優秀賞受賞者が知事を表敬訪問


記念撮影する村岡知事の写真

両県省の友好を深めていきたい

県と中国・山東省の、友好協定締結35周年記念事業として山東省で開催された、「日本語スピーチコンテスト」において最優秀賞を受賞した、済南(さいなん)大学の李佳瑩(り かえい)さんが、県庁を訪問されました。村岡嗣政知事は「今回の研修旅行で県内各地を回られ、山口県の素晴らしさを実感していただき、帰国後は、本県の良さを多くの方にPRしてください。思い出をたくさん作って、帰ってください」と述べました。

担当課:国際課




県政ワンショット

8月21日・山口県自殺対策トップセミナーを開催


あいさつする村岡知事の写真

地域での自殺対策の推進に向けて

市町長および市町担当者などを対象に、各地域の自殺の状況や自殺対策に関する理解を深めていただくことを目的に、山口県自殺対策トップセミナーを山口市で開催しました。出席した村岡嗣政知事は、「今後とも、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して、保健・医療・福祉・教育・労働などの各分野が連携した、地域における実践的な取り組みに向けてご協力をお願いします」とあいさつしました。担当課:健康増進課




県政ワンショット

8月19日・「人権ふれあいフェスティバル」を開催


あいさつする村岡知事の写真

“県民一人ひとりの人権が尊重された心豊かな地域社会”の実現に向けて

広く県民の皆さんの参加を得ながら、さまざまな人権問題を考える機会として「人権ふれあいフェスティバル」を周南市で開催しました。開催に当たり、村岡嗣政知事は「皆さまには、このフェスティバルを通じて、人権についての理解を一層深められ、家庭、職場、地域などで人権尊重の輪を広げていただきたい」とあいさつしました。

担当課:人権対策室






県政ワンショット

8月18日・「第12回若年者ものづくり競技大会」入賞者が受賞を報告


記念撮影する村岡知事の写真

ものづくり産業を支える人材として、さらなる活躍を期待

「第12回若年者ものづくり競技大会」において入賞された本県選手の皆さんが県庁を訪問し、村岡嗣政知事に受賞を報告されました。村岡知事は「本県から過去最多の8人の入賞をうれしく思います。さらに技術を磨き、もっともっと成長し、県内のものづくり産業の活性化に生かしてください」と激励しました。

担当課:労働政策課





県政ワンショット

8月17日・「元気創出!どこでもトーク(地域懇談会)」を開催


ホタル飼育室を視察する村岡知事の写真

下関地域の皆さんからご意見をお聴きしました

分野別の「元気創出!どこでもトーク」に加え、地域で活躍されている皆さんから村岡嗣政知事がご意見をお聴きする、地域懇談会を各地域で開催しています。本年度第2回目は、下関市の「西市小学校『ホタル飼育室』」および「安岡ひまわりレディース『ひまわり夢ハウス』」を視察した後、「県の元気創出に向けて」をトークテーマに、下関総合庁舎で地域懇談会を開催しました。

担当課:広報広聴課




県政ワンショット

8月16日・ソーシャルビジネスプランコンテストの受賞者が知事に報告


受賞者の皆さんと記念撮影する村岡知事の写真

ソーシャルビジネスの立ち上げを支援します

ビジネスの手法で社会の課題解決に挑戦し、同時に収益確保を目指す事業を、「ソーシャルビジネス」といいます。このたび、ソーシャルビジネスの普及のために県が開催した、「山口県ぶちええソーシャルビジネスプランコンテスト~ぶち-CONやまぐち2017~」の受賞者の皆さんが、県庁を訪問されました。県からの事業化支援金をもとに始動する、受賞者の皆さんのビジネスプランについて説明を受けた村岡嗣政知事は、受賞をお祝いし、ビジネスの成功をお祈りしました。

担当課:県民生活課




県政ワンショット

8月9日・「山口県応援隊東京本部交流会」を開催


県の取り組みを説明する村岡知事の写真

本県の魅力発信に協力を

在京の同郷会や同窓会など、山口県ゆかりの団体で構成される「山口県応援隊東京本部」の交流会を東京都で開催しました。村岡嗣政知事が「県政紹介」として、明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」や「山口ゆめ花博」、「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」の紹介のほか、移住・定住の促進などの取り組みについて、説明しました。

担当課:東京営業本部





県政ワンショット

8月8日・「平成29年度やまぐちパラアスリート認定式」を開催


記念撮影する村岡知事の写真

山口県から世界に羽ばたくパラアスリートを

県では、「やまぐちパラアスリート育成ファンド」を創設し、本県在住などの障害者アスリートを官民一体となって支援する取り組みを進めています。このたび、本県出身のパラリンピックメダリスト道下美里(みちした みさと)選手、廣瀬順子(ひろせ じゅんこ)選手らをゲストに迎え、本年度の助成対象7選手の認定式を県庁で開催しました。認定書を授与した村岡嗣政知事は、「それぞれの目標に向かって日々努力され、県民に夢と希望、そして大きな勇気を与える存在になっていただきたいと思います。今後の活躍を大いに期待しています」と激励しました。

担当課:障害者支援課





県政ワンショット

8月8日・道下美里選手のガイドランナーを体験


ガイドランナーに挑戦する村岡知事の写真

障害者スポーツの輪を広げよう

障害者スポーツを支える人材の裾野拡大や障害者スポーツへの関心を高めることを目的に、村岡嗣政知事は、リオデジャネイロパラリンピック女子マラソン銀メダリストの道下美里(みちした みさと)選手の伴走者として、県政資料館周辺を走り、ガイドランナーを体験しました。村岡知事は「曲がる所や段差など、意識していないことを言葉にする難しさを身をもって感じました」と感想を述べました。

担当課:障害者支援課





県政ワンショット

8月5日・「しま・ひと・みりょく再発見in見島」を開催


島民の歓迎の中、テープカットする村岡知事の写真

離島の住民の皆さんと意見交換

島の抱える課題や離島振興策などについて、村岡嗣政知事が島民の皆さんと意見交換する、「しま・ひと・みりょく再発見in見島」を萩市見島で開催しました。村岡知事は、島内視察後、見島ふれあい交流センターにおいて、島の小中学校の児童生徒や保育園児による踊りを見学するとともに、島民の皆さんから直接ご意見をお聴きしました。

担当課:中山間地域づくり推進課





県政ワンショット

8月4日・「担い手支援日本一推進大会」を開催


あいさつする村岡知事の写真

地域段階での受け入れ体制の構築に向けて

担い手支援日本一対策の充実に向けて、新規就業者を幅広く確保・定着するための地域の受け入れ体制づくりを検討するため、「担い手支援日本一推進大会」を山口市で開催しました。出席した村岡嗣政知事は、「東京都で本県独自の就農相談会を開催するなど、情報発信を強化し、私自ら先頭に立って、全国トップ水準の支援策をしっかりPRしていきます」とあいさつしました。

担当課:農業振興課






県政ワンショット

8月4日・「元気創出!どこでもトーク(分野別)」を実施


ご意見をお聴きする村岡知事の写真

農山村での女性の活躍と活動定着について、ご意見をお聴きしました

本年度第3回目の分野別「元気創出!どこでもトーク」を県庁で行いました。今回は「農山村における女性の活躍と活動定着に向けた課題」をトークテーマに、「県農家生活改善士会役員」の方8人から直接ご意見をお聴きしました。

担当課:広報広聴課





県政ワンショット

8月3日・「下関北九州道路整備促進大会」を開催


あいさつする村岡知事の写真

早期実現に向けた決議を採択

下関市と北九州市を結ぶ下関北九州道路の早期実現に向け「下関北九州道路整備促進大会」を下関市で開催しました。下関北九州道路整備促進期成同盟会会長の村岡嗣政知事は、「今年5月には、国の支援を得て下関北九州道路調査検討会を設立することができ、大きな一歩を踏み出せました。引き続き、早期実現に向け、力を合わせ、一層精力的に取り組んでいきます」とあいさつしました。大会には、関係者約350人が参加し、国に対し、早期に、事業化に向けた次のステップである計画段階評価に移行させることや、そのために必要な技術面・予算面での支援を行うことを求める決議が採択されました。担当課:道路建設課




県政ワンショット

8月3日・「山口県庁こども参観デー」を実施


子どもたちを知事室に迎えた村岡知事の写真

お父さん・お母さんの職場を見学!

親である職員が働いているところを実際に見ることで、親子が触れ合う機会の充実を図り、職員が仕事と家庭を大切にできる職場づくりを進めようと、「山口県庁こども参観デー」を実施しました。知事室を訪れた子どもたちに、村岡嗣政知事は「お父さん・お母さんが仕事をしているところへ行って、どのように働いているかよく見てください。今日は、いろんな人が県の仕事を教えてくれると思うので、よく勉強して帰ってください」と話しました。

担当課:人事課




県政ワンショット

8月1日・九州北部豪雨災害における緊急消防援助隊の活動を知事へ報告


報告を受ける村岡知事の写真

炎天下での過酷な任務、お疲れさまでした

このたびの九州北部豪雨災害に伴い福岡県・大分県に派遣された、緊急消防援助隊山口県隊の皆さんが、活動報告のために県庁を訪問されました。報告を受けた村岡嗣政知事は、援助隊の皆さんの取り組みに心から敬意と感謝を表するとともに、県民の皆さんの安心・安全確保のために、引き続き尽力いただくようお願いしました。被災地域において、航空隊は孤立地域のけが人などの救助・搬送を実施しました。また、陸上部隊は土砂や、がれきを手掘りで取り除くなど、大変厳しい状況下で、行方不明者の捜索活動を行いました。

担当課:消防保安課




県政ワンショット

8月1日・下関国際高校野球部が知事を表敬訪問


記念品を贈呈する村岡知事の写真

甲子園での活躍に期待

第99回全国高等学校野球選手権大会に出場する下関国際高等学校野球部が、村岡嗣政知事を表敬訪問されました。村岡知事は「春夏を通じて、初めての甲子園出場おめでとうございます。甲子園では、プレッシャーもあるとは思いますが、元気で、はつらつとしたプレーを期待しています」と激励し、記念品として硬式野球ボール2ダースを植野翔仁(うえの しょうと)主将に贈呈しました。

担当課:学事文書課





〈過去の掲載分〉


→ページの先頭に戻る



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる