このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 中山間地域づくり推進課 > 離島・笠佐島

平成30年 (2018年) 10月 1日

中山間地域づくり推進課

伝説と七不思議の島 - 周防大島諸島 - 周防大島町


笠佐島(かささじま)


笠佐島


1 プロフィール


面積

0.94㎢

学校

人口

12人

病院・診療所

世帯数

7世帯

 

 

本土からの距離

2.0km

問い合わせ先

周防大島町政策企画課  0820-74-1007

※人口、世帯数は平成30年4月1日現在住民基本台帳による。


大島郡周防大島町小松港から西へ約2kmの瀬戸内海海上にある島です。

島の歴史は比較的新しく、江戸時代前期までは、現柳井市新庄にあった塩田で使用する薪の供給地であったといわれています。その後塩田では石炭が使用されはじめ、薪の需要が減ったため、それ以後島内の開墾が始まったといわれています。

島の周囲は、本土や大島にはさまれた海峡となっており、潮の流れが早く、好漁場となっています。


◎笠佐島の伝承

島名の由来

昔、大畠の瀬戸に身を投げた般若姫に、島の人が笠を捧げたことから、「笠捧げ島」と呼ばれるようになり、現在の「笠佐島」になったと伝えられています。

島法

かっては、島内では「島法」として、戸数増減、田畑の売買が禁じられていたと伝えられています。

笠佐の七不思議

墓がない。

寺がない。

専業漁家がいない。

水が豊富である。

日柄、方角のタブーがない。

戸数の変化がない。

マムシがいない。


2 笠佐島に行く


本土との間には1日3往復(水曜日は4往復)で連絡船が運航されています。


◎本土側連絡船乗り場 周防大島町小松港

行政連絡船「かささ」の写真

行政連絡船「かささ」

トン数:4.9トン

航海速力:10ノット

定  員 :12人



問合せ先 周防大島町政策企画課 ℡ 0820-74-1007


3 笠佐島を見る


■笠佐の八幡様

八幡様

笠佐島の八幡様の御神体(阿弥陀様)は、金箔が剥がれ木肌が露わになっていますが、これは、子供と遊ぶのが好きな御神体が子供と遊んでいて剥げたのだという言い伝えがあります。

あるお爺さんが、御神体で遊んでいる子供をしかり、その御神体を元あった場所にもどしたことがありました。

しかし、その夜、お爺さんの夢枕に御神体がお立ちになって、お爺さんの行為を咎められたということです。



4 笠佐島を体験する


■海水浴場

北側の海岸

島の北岸には砂浜が続き、海水浴に利用できます。



5 笠佐島に泊まる


◎漁家民宿かささ  Tel 0820-74-3946


「漁家民宿かささ」に関する情報はこちら


◎民宿和風流ワッフル  Tel 0820-74-1414


6 笠佐島に住む


周防大島町のUJIターン支援のページ



お問い合わせ先

中山間地域づくり推進課

閉じる