このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 医療政策課 > がん対策・第3期山口県がん対策推進計画

平成30年 (2018年) 3月 30日

医療政策課

「第3期山口県がん対策推進計画」の策定について

 悪性新生物(がん)は、わが国では昭和56年(1981年)に脳血管疾患を抜いて死因の第1位になって以降、現在では年間約37万人余りの国民が亡くなるなど、国民の生命及び健康にとって重大な課題となっています。

 こうした中、今後6年間の本県がん対策の基本指針となる「第3期山口県がん対策推進計画」を策定いたしました。この第3期計画では、「全ての県民が、がんに関する正しい知識を持ち、がん予防や早期発見に取り組むとともに、がんにかかっても安心して暮らせる地域社会の構築」を目指すため、「がんに関する理解の促進」「県民総ぐるみで取り組むがん予防・早期発見の推進」「患者の視点に立ったがん医療の充実」「がんにかかっても安心して暮らせる地域社会の構築」の4つの柱に沿って、県・市町・医療機関等がそれぞれ取り組むべき事項を明示し、連携してがん対策を総合的に推進します。


第1編 計画の基本的事項 (PDF : 6MB)

第2編 本県のがんの状況 (PDF : 8MB)

第3編 がんに関する理解の促進 (PDF : 3MB)

第4編 県民総ぐるみで取り組むがん予防・早期発見の推進 (PDF : 6MB)

第5編 患者の視点に立ったがん医療の充実① (PDF : 6MB)

第5編 患者の視点に立ったがん医療の充実② (PDF : 6MB)

第6編 がんにかかっても安心して暮らせる地域社会の構築 (PDF : 5MB)

第7編 個別のがんの現状と取組 (PDF : 7MB)

お問い合わせ先

医療政策課医療対策班



お問い合わせ先

医療政策課医療対策班

閉じる