このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 医療政策課 > がん対策・「がん」は自分に関係ないと思っていませんか…

平成29年 (2017年) 9月 4日

医療政策課

「がん」は自分に関係ないと思っていませんか…


 今や国民の2人に1人は一生のうちに1回はがんになると言われており、最近は特に働く世代のがんが急増しています。

 被保険者は職場等でがん検診を受ける機会がありますが、被扶養者の方は住所地の市町が実施するがん検診を受診するしかありません。

 今、健康でも、忙しくても、皆さんのために、愛する家族のために、がん検診を受けてください。


がん検診の必要性

がんは早期に発見し早期に治療すれば、6割は治るといわれています。※

早期発見するためには、症状のない健康な今のうちに、定期的にがん検診を受けることが大切です。

 ※ここでいう「治る」とは、がんと診断されてからの5年相対生存率です。


受診するには…

お住まいの市町のがん検診を受診してください。


お問い合わせ先

市町のがん検診担当課(保健センター等)はコチラ

がん検診に関するお問い合わせ窓口(各市町のがん検診実施状況)


その他

リーフレット「「がん」は自分に関係ないと思っていませんか…」

2903リーフレット「がん」は自分に関係ないと思っていませんか… (PDF : 310KB)

お問い合わせ先

医療政策課医療対策班



お問い合わせ先

医療政策課医療対策班

閉じる