このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 医療・福祉 > 医療従事者の確保 > 医師等修学資金・地域医療再生枠

平成30年 (2018年) 1月 10日

医療政策課

山口県医師修学資金(地域医療再生枠)のご案内



 山口県医師修学資金(地域医療再生枠)は、山口大学医学部が実施する推薦入試「地域医療再生枠(山口県枠)」及び、鳥取大学医学部が実施する一般入試「地域枠(山口県枠)」の入学生全員に、山口県が修学に必要な資金の貸し付けを行うものです。

 入学生全員が、入学後、県から医師修学資金の貸付決定を受けて、6年間貸付を受けることとなります。

1 修学資金の内容

(1)  対象者 (次の入試枠に合格し入学した者全員)

  ア 山口大学医学部医学科推薦入試「地域医療再生枠(山口県枠)」

  イ 鳥取大学医学部医学科一般入試「地域枠(山口県枠)」

(2)  貸付金額

   月額15万円 (年間:180万円、6年間:1,080万円)



2 貸付けの条件と返還免除の要件

貸付けに当たっては、次の条件が付され、これを達成した場合に貸付金の返還が免除されます。(返還の場合には年利10%の利息が付加されます。)

○ 大学を卒業した日から2年以内に医師免許を取得し、臨床研修を行った後、貸付期間の2倍の期間(12年)に達するまでに、県が個別に指定する公的医療機関等において、貸付期間の1.5倍の期間(9年)、医師として勤務をしなければなりません。(診療科の指定はありませんが、県内の公的医療機関等で勤務が可能な診療科でなければなりません。)

○ 医師免許取得後の臨床研修は、山口県内の臨床研修病院で行わなければなりません。(県内での臨床研修期間については、2年が返還免除のための勤務期間として算入されます。)


◆ 対象となる勤務先は、県内の公的医療機関等のうちから、県が個別に指定。

◆ 山口大学医学部附属病院での勤務期間は、貸付けを受けた期間の1/2に相当する期間(3年)まで返還免除対象期間に算入。

◆ 大学院の在籍期間、育児休業期間、介護休業期間は、貸付期間の2倍に相当する期間(12年)から除く。


3 貸付申請等の手続

 合格決定後は、貸付申請手続等において次の書類提出が必要となります。

 ※ これらの詳細は、各大学医学部を通じて別途案内します。


○ 修学資金貸付申請書

   一定の職業を有し独立の生計を営む2人の連帯保証人が必要です。うち1名は父母をあてることができます。

○ 履歴書

○ 健康診断書

○ 応募理由書

○ 本人と生計を同じくする家族全員の収入を証明する書類

   市町村長が発行する直近分の所得証明書又は源泉徴収票の写し

・ 入学後には、交付申請書(添付:保証書、連帯保証人の印鑑証明書)を提出することとなります。




 詳細は、こちらをご覧下さい


 ○山口県医師修学資金(地域医療再生枠)募集要項

募集要項(地域医療再生枠) (PDF : 167KB)


 ○山口県医師修学資金の手引

修学資金の手引H29.4 (PDF : 210KB)


 ○山口県医師修学資金の関係規程

貸付金の返還債務の免除に関する条例(2703改正後_縦書き_修学資金) (PDF : 103KB)

山口県医師及び歯科医師修学資金貸付規則(2703改正後_縦書き) (PDF : 147KB)

山口県医師修学資金貸付要綱 2703改正後 (PDF : 110KB)


※PDFファイルをご利用になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)が無料配布しているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は「このサイトの利用について」からダウンロードしてください。

「このサイトの利用について」のページへ

お問い合わせ先

医療政策課



お問い合わせ先

医療政策課

閉じる