このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 医療政策課 > 周産期医療・周産期医療システム基本構想

平成28年 (2016年) 4月 1日

医療政策課

山口県周産期医療システム基本構想(第2次改訂見直し版)について

山口県では、平成16年に「山口県周産期医療システム基本構想」を策定し、周産期母子医療センターを核にした周産期医療体制の整備や、母体・新生児搬送体制の充実強化などに取り組んでいるところですが、このたび、平成28年3月に「山口県周産期医療システム基本構想(第2次改訂見直し版)」を新たに策定しました。

この2次改訂見直し版では、周産期母子医療センターを核として、ローリスク分娩への体制確保や医師や助産師等の周産期医療関係者の更なる人材の育成・確保・適正配置を図るとともに救命救急医療との連携を密にするなど、さらなる周産期医療体制の強化を図っています。

お問い合わせ先

医療政策課



お問い合わせ先

医療政策課

閉じる