このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > こども家庭課 > 家庭福祉・生活支援

平成27年 (2015年) 5月 28日

こども家庭課

生活支援


制度の対象となる方  ◆母子家庭  ◇母子・父子家庭  □共 通

  □ 家庭生活支援員の派遣


母子・父子家庭、寡婦であり、一時的に子育てや生活支援が必要な家庭へ、家庭生活支援員を派遣(原則10日以内/年)して、家事、介護、保育サービスなどの支援を行います。

 【費用】 市町村民税非課税世帯:負担なし

      児童扶養手当受給世帯:子育て支援 70円/1時間  生活援助 150円/1時間

      その他の世帯:子育て支援 150円/1時間  生活援助 300円/1時間

《相談窓口》 山口県母子・父子福祉センター、居住地の市町担当課



  □ ひとり親家庭生活支援講習会


児童のしつけ・育児・教育・健康管理等の支援のため、また、親子のふれあいの機会を作るための講習会を開催します。その際、併せて託児サービスを実施します。

《相談窓口》 山口県母子・父子福祉センター



  ◇ 母子・父子家庭交流会


母子・父子家庭の育児不安の解消や、困っている時の相談相手の確保のために、母子・父子家庭の交流会を開催します。

《相談窓口》 山口県母子・父子福祉センター


住居の支援


  ◆ 母子生活支援施設


離婚等により生活や子どもの養育が困難になった母子家庭の母が、生活の場として子どもと一緒に利用できる施設です。母子生活支援施設では、就労・家庭生活・児童の教育等に関する相談や助言を行い、入所者が自立できるよう支援を行います。

《相談窓口》 居住地の市町担当課



  □ 県営住宅の優先入居


母子・父子世帯、高齢者世帯(60歳以上の方は、高齢者世帯に該当する場合があります。)等は、抽選方法の優遇措置があります。

《相談窓口》 (一財)山口県施設管理財団県営住宅管理事務所

《相談窓口》 市・町営住宅の優先入居については、各市町担当課





お問い合わせ先

こども家庭課

閉じる