このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > こども家庭課 > 家庭福祉・就業支援

平成29年 (2017年) 4月 13日

こども家庭課

就業支援


制度の対象となる方  ◆母子家庭  ◇母子・父子家庭  □共 通

  □ 公共職業安定所(ハローワーク) (別ウィンドウ)


 就職を希望する方に対し、きめ細かな就業相談及び職業紹介を実施します。

《相談窓口》 ハローワーク



  □ 母子家庭等就業・自立支援センター事業


 ひとり親家庭の父母及び寡婦の方が就業により自立できるように、就業相談を実施したり、就業情報の提供やアドバイスを行う等により、就業に向けてのお手伝いをします。


《相談窓口》 山口県母子家庭等就業・自立支援センター (別ウィンドウ) (山口県母子・父子福祉センター内)



  ◇ 母子・父子自立支援プログラム策定事業


 母子・父子自立支援プログラム策定員が、児童扶養手当を受給している方の状況や希望に応じ、自立目標や支援内容について「自立支援プログラム」を策定し、ハローワーク等と連携して就業支援を行います。

※平成23年度から父子家庭も対象となりました。

《相談窓口》 山口県母子家庭等就業・自立支援センター (別ウィンドウ) (山口県母子・父子福祉センター内)

        県健康福祉センター



  ◇ ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金


 雇用保険の教育訓練給付制度の指定教育訓練講座を受講するひとり親家庭の父母で、同制度による給付を受けられない方に対し、本人が支払った経費の60%(上限20万円)を支給します。(詳細は相談窓口に御確認ください。また、修業開始前に事前相談をお受けください。)


 【教育訓練給付制度】 雇用保険の一定の要件を満たした一般被保険者又は一般被保険者であった人が指定教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

手続きはハローワークで行います。教育訓練給付制度について(厚生労働省サイト) (別ウィンドウ)


《相談窓口》

①市・周防大島町にお住まいの方→市担当課・周防大島町福祉課

②上記①以外の方→県健康福祉センター



  ◇ ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金


  ひとり親家庭の父母が就職に有利な看護師や介護福祉士等の資格を取得するために、1年以上の養成機関で修業する場合、生活の経済的負担の軽減を図るために、修業期間中に高等職業訓練促進給付金を支給するとともに、修業期間修了後に高等職業訓練修了支援給付金を支給します。(詳細は相談窓口に御確認ください。また、修業開始前に事前相談をお受けください。)


《相談窓口》 教育訓練給付金に同じ


※高等職業訓練促進給付金受給者は、入学や就職の際の準備費用を貸付ける高等職業訓練促進資金(貸付)を利用できます。養成機関修了後の県内就職、5年間業務に従事等の条件を満たした場合、償還が免除されます。申請や詳細については、社会福祉法人山口県社会福祉協議会にお問い合わせください。 「ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付のご案内」 (PDF : 204KB)



  ◇ 託児サービス付き公共職業訓練


 ハローワークに求職の申込みをした母子家庭の母等が、就職に必要な知識や技能を身に付けるため、託児サービス付きの職業訓練を無料で実施します。

《相談窓口》 ハローワーク (別ウィンドウ)





お問い合わせ先

こども家庭課

閉じる