このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 県民生活課 > 消費生活相談・カードの紛失・盗難

平成26年 (2014年) 8月 22日

県民生活課

クレジットカード等が入った財布を盗まれ不正に使用された


【相談】

 息子が帰省する際、運転免許証・キャッシュカード・クレジットカードなどが入った財布を盗まれてしまった。

 さらに、盗まれたクレジットカードで商品を購入されてしまった。盗まれたカードで購入された商品のクレジット代金等はどうなるのか。


【ポイント】

 一般的にクレジットカードは不正使用に関する保険に加入しているため、紛失・盗難届けをすぐに提出していた場合は、届け出から遡って一定期間、カード名義人の負担は免除されます。


 クレジットカードの裏面にサインのないものが紛失・盗難にあい、不正使用された場合はカード名義人の負担となるので注意が必要です。


 カードの暗証番号を他人から安易に解読されやすい生年月日・電話番号・車のナンバーなどにしていたため被害にあった場合については、カード名義人の負担となることもあります。


【対処方法】

 さらなる被害を防ぐため、すぐに最寄りの警察署へ被害届を提出し、キャッシュカードについては発行元の金融機関、クレジットカードについても発行元の信販会社へ電話で使用停止の連絡をしましょう。


 万が一に備え、キャッシュカードやクレジットカードは番号の控えをとっておき、金融機関や信販会社のカード紛失・盗難受付窓口の電話番号を確認しておきましょう。




消費生活相談事例の目次に戻る



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる