このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 県民生活課 > 消費生活相談・インターネットの無料サイト

平成26年 (2014年) 8月 22日

県民生活課

パソコンでインターネットの無料サイトを利用していたら、いつの間にか有料サイトの会員に登録された


【相談】

 パソコンでインターネットの無料画像サイトを見ていたら、いつの間にかアダルトサイトに繋がり会員登録されてしまった。利用規約を探したところページの一番下にあり、会費3万円を払うように書かれていた。契約したつもりはないが、どうしたらよいか。


【ポイント】

 インターネットの無料サイトを利用していて、何らかの項目をクリックすると、突然、会員登録完了画面とともに料金を請求される事例が寄せられています。


 この事例のように、利用していたサイトと関係のないサイトに突然繋がってしまう場合もあります。


 会員登録画面に「あなたのメールアドレスは○○です。」「あなたの接続プロバイダは△△です」などとあたかも個人情報を入手したかのような表示がされる場合もありますが、これらの情報から、個人が特定されることはありません。


【対処方法】

 電子商取引では、事業者側が消費者の意思を確認するための画面を設定することとされています。意思確認の画面もなく、突然、会員登録料金の請求をされたのであれば、契約が有効に成立されているとは考えられませんので、必要以上に不安にならないことが大切です。


 サイト事業者への連絡は、後に新たなトラブルの原因となる場合もありますので、事業者からの請求に応じないことはもちろん、安易に連絡を取らないことも大切です。




消費生活相談事例の目次に戻る



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる