このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 県民生活課 > 消費生活センター・不審電話が連続発生

平成30年 (2018年) 10月 1日

県民生活課

県庁職員等をかたる不審電話にご注意ください!

 山口県内で、県庁職員や警察等を名乗った不審電話が多数確認されています。


【事 例】

山口県庁〇〇課の△△です。あなたの個人情報が複数の会社に漏れています。漏れている情報を削除できますが、削除されますか。と電話があった。その後、「1社だけ削除できなかった」と説明され、個人情報(名義・登録等)を他人に譲るようにと勧められた。


下矢印

【対 策】

〇 不審な電話がかかってきた際は、相手にせずに電話を切ってください。  〇 日中は留守番電話設定にするなど、不審な電話に出ないようにしましょう。


※ 行政機関が個人宛てに、個人情報が漏れているという内容の電話をすることはありません。

※ 指示どおりに名義を譲ると答えると、名義を貸したことによる金銭トラブルが発生したと脅かし、お金をだまし取られます。


 被害に遭いそうになったとき、被害に遭ってしまったときは、すぐに警察やお住まいの地域の相談窓口又は県消費生活センターに相談してください。

悪質商法:電話勧誘 電話

お問い合わせ先

山口県消費生活センター



お問い合わせ先

山口県消費生活センター

閉じる