このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 県民生活課 > 消費生活センター・消費生活センター

平成27年 (2015年) 8月 26日

県民生活課

山口県消費生活センター

お知らせ

◆自然災害に便乗した悪質商法に注意!

 台風や大雨などの災害の後には、それに便乗した悪質商法が多数発生する恐れがあります。「修理業者」、「保険会社」、「電気・ガス業者」などを装って、本来は必要の無い修理や設備点検を持ちかけたり、「火災保険が使える」と言われ住宅修理契約を結んだが、保険の対象にならなかったり、高額請求されたというトラブルもあります。複数の業者から見積もりを取ったり、保険会社には自分で事前に連絡するなど、慎重に契約しましょう。

 また、災害に遭われた地域だけが狙われるとは限りませんので、十分ご注意ください。

 訪問販売の場合、工事が終わっていてもクーリング・オフできる場合があります。困ったときは、お住まいの自治体の消費相談窓口や県消費生活センターにご相談ください。

◆鳥獣害対策用の電気さくにご注意ください

 電気さくには危険表示が法的に義務付けられており、例えば、「危険」、「さわるな」、「電気さく使用中」の表示があります。こうした危険表示のあるさくは電気さくが用いられており、感電の可能性がありますので、近づかないようにしましょう。なお、詳細は以下の情報をご確認ください。消費者庁ホームページ

◆日本年金機構における個人情報流出に便乗した不審電話にご注意ください

 日本年金機構における個人情報流出に関連して、「あなたの年金情報が流出している」「流出した年金情報を削除できる」などといった不審な電話に関する相談が寄せられ始めています。

 「個人情報を削除してあげる」などと持ちかける電話は詐欺ですので、相手にせず、すぐに電話を切ってください。なお、詳細は以下の情報をご確認ください。国民生活センターホームページ消費者庁ホームページ

 また、日本年金機構の個人情報流出に関する問い合わせ先は、以下のとおりです。


・日本年金機構専用コールセンター(無料)0120-818211

・山口年金事務所相談専用        083-922-5660

・下関年金事務所お客様相談室      083-222-5587

・徳山年金事務所相談専用        0834-31-2152

・宇部年金事務所お客様相談室      0836-33-7111

・岩国年金事務所お客様相談室      0827-24-2222

・萩年金事務所相談専用         0838-24-2158


平成27年度「消費者啓発の標語」

最優秀賞作品

 「巧妙な悪質商法 気をつけて 話を聞かない振り込まない」 

※その他入選作品等は、H27消費者啓発の標語入選作品 (PDF : 201KB)のとおりです。

緊急・事故情報                         ●更新履歴 

ストップ!クレジットカード現金化(消費者庁サイト) (別ウィンドウ) リコール情報サイト (別ウィンドウ)


  • 山口県で発生した高病原性鳥インフルエンザについては終息を宣言しました。(詳細はこちら)鶏肉・鶏卵の安全性については、国の食品安全委員会が「鶏肉や鶏卵を食べることにより、鳥インフルエンザがヒトに感染する可能性はなく、安全と考えられる。」と発表しています。(食品安全委員会のホームページはこちら)[H27.3.17]
  • 長門市の輸入業者から、小分け用に販売店へ出荷した一部の冷凍ししゃもの容器内に異物(汚物と疑われるもの及び殺鼠剤と疑われるもの)が混入していたため、同一ロット品の自主回収を行っている旨の報告等がありました。詳細は以下の情報をご覧ください。山口県食の安心総合情報ホームページ消費者庁ホームページ国民生活センターホームページ[H26.7.29]
  • 柔軟仕上げ剤は、衣服をソフトに保ち、傷んだ繊維を柔らかくすることをうたったものです。全国消費生活情報ネットワークシステムに寄せられる「柔軟仕上げ剤のにおい」に関する相談件数が増加傾向にあります。詳細は国民生活センターの柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供をご覧ください。[H25.10.8]
  • 自然災害に便乗した悪質商法に注意!災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生しています。悪質商法は災害発生地域だけが狙われるとは限りませんのでご注意ください。詳細は国民生活センターの情報を参考にしてください。[H25.8.9]
  • 消費生活センターの職員を名乗る不審電話に注意![H25.6.21]
  • ワンクリック詐欺にご注意ください。請求画面が消えないときは情報処理推進機構(IPA)の対策ページを参考にしてください。

⇒ 消費者庁からの報道発表資料


⇒ 国民生活センターからの発表情報


⇒ 証券取引等監視委員会からのお知らせ


⇒ 「便乗値上げ情報・相談窓口」(消費者庁03-3507-9196)                受付時間:平日9:00~17:00



トピックス                            ●更新履歴


消費生活相談

 山口県消費生活センターでは、商品を購入したりサービスを利用したりするときに起こる販売方法、契約内容、多重債務、品質のトラブルなど消費生活に関する相談を受け付け、 問題解決のための助言・あっせん等を行っています。

※ 相談内容を確認する必要があります。電話または来所での相談をお願いします。


 事業者の方からの相談は受け付けておりません。ご了承ください。

 山口県以外にお住まいの方は、お住まいの都道府県、区市町村の消費生活相談窓口にご相談ください。

⇒ ●全国の消費生活相談窓口一覧@国民生活センターホームページ (別ウィンドウ)


○相談受付時間及び電話番号

相談受付時間

月曜日~金曜日

 8時30分~19時00分 

相談受付時間

土曜日

 8時30分~17時00分 


相談専用電話


 083-924-0999

※ 日曜日・祝日・12/29~翌年1/3はお休みです。 


 来所相談は、予約の必要はありません。受付時間内に直接センターにおこしください。

⇒ ●県消費生活センター所在図・交通手段

※ 相談される際は、契約書などの関係書類をお手元にご準備ください。


※ 専用電話が大変込み合っている場合があります。時間をおいておかけ直しいただくか、お急ぎの場合は、お住まいの市町の消費生活相談窓口にご相談ください。

⇒ ●山口県市町の消費生活相談窓口一覧

※ 最寄りの消費生活相談窓口が分からないときは、消費者ホットライン (別ウィンドウ) をご利用ください。(ナビダイヤルです。ガイダンスの指示に従ってください。)

⇒ 消費者ホットライン 188(嫌や!)

※ 平成27年7月1日より3桁の電話番号188(嫌や!)での案内を開始します。(これまで案内していました0570-064-370(守ろうよ みんなを)も引き続きご利用できます。)





法律相談

 山口県消費生活センターでは、相談者からの複雑・高度な相談に対応するため、弁護士による相談(以下「法律相談」という)を実施しています。

 法律相談は、県センターの相談員が相談者から事前に相談を受け付けたものについて、予約をした上での対応となります。

 なお、法律相談は無料で、相談時間は1人につき30分です。

※ 法律相談日  第1・第3木曜日

業務内容

・消費者行政の推進に関すること

・消費生活に関する情報の収集に関すること

・消費生活に関する知識の普及及び情報の提供に関すること

・消費生活に関する調査資料及び図書の収集に関すること

・消費生活に関する相談及び苦情の処理に関すること

・消費生活に係る商品の試験及び検査に関すること

・消費生活に係る商品の試験及び検査に関する資料の収集及び管理に関すること

お問い合せ先

〒753-0821 山口県山口市葵二丁目6番2号

代 表 電 話 083-924-2421

相 談 電 話 083-924-0999

F A X  083-923-3407

E-mail   a12101@pref.yamaguchi.lg.jp

※ 消費生活相談は、電話または来所にてお願いします。



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる