このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 市町課 > 税政班・21決算見込関係

平成22年 (2010年) 5月 6日

市町課

平成20年度市町村税の決算見込額関係(資料:決算統計)

(1) 市町村の歳入決算額の推移とその構成比率

 平成20年度の山口県市町の歳入決算額は、5,820億51百万円で、前年度決算額5,959億52百万円と比較して139億1百万円(2.3%)減少している。

 また、普通会計歳入決算額に占める税収入の割合は、前年度の36.5%から37.3%に増加している。





(2) 市町村税の税目別決算額等

ア 税目別構成比

平成20年度の山口県の市町村税収入を税目別に見ると、固定資産税が45.4%と最も高く、次いで市町村民税(44.1%)、都市計画税(5.2%)、市町村たばこ税(3.9%)の順となっており、市町村民税と固定資産税だけで収入総額の89.5%を占めている。



イ 主要税目の収入状況

平成20年度の市町村税の決算額は216,969,961千円で、前年度決算額217,786,049千円と比較して816,088千円(0.4%)減少している。



(3)市町村税の徴収率の状況

平成20年度の市町村税の徴収率は、全体で92.5%となり昨年度を0.2ポイント上回った。

税目別に見ると、徴収猶予制度等の影響もあって、特別土地保有税(4.6%)が最も低く、次いで軽自動車税(89.7%)が低くなっている。




お問い合わせ先

・〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

・山口県総合企画部市町課税政班

・TEL 083-933-2316

・FAX 083-933-2339

・e-mail:a12400@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

地域振興部

閉じる