このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 統計分析課 > 漁業センサス・2013年/調査結果速報

平成26年 (2014年) 9月 1日

統計分析課

2013年漁業センサス調査結果概要(速報)


2013年漁業センサスについて、調査結果(速報値)が農林水産省から公表されました。

山口県が実施した海面漁業調査に係る「漁業経営体調査」について、その結果をお知らせします。


調査結果の概要

経営体数
・漁業経営体数は3,618経営体で、935経営体(前回比20.5%)の減少
漁業就業者数
・漁業就業者数は5,106人で、1,617人(前回比24.1%)の減少
・漁業就業者のうち、65歳以上の占める割合は52.6%(全国で2番目に高い。)
営んだ漁業種類別経営体数
・経営体数が増加した主な漁業種類    ※( )内は増加数
ひき縄釣(92経営体)、沿岸かつお一本釣(23経営体)、その他の海藻類養殖(13経営体)
調査結果の概要

項目

山口県

全国

漁業経営体数

3,618経営体(前回比20.5%減)

94,522経営体(前回比17.9%減)

漁業経営体のうち個人経営体数

3,534経営体(前回比20.5%減)

89,485経営体(前回比18.2%減)

専業(自営漁業のみ)

2,026経営体(前回比20.3%減)

44,518経営体(前回比16.0%減)

兼業(自営漁業が主)

904経営体(前回比14.6%減)

24,939経営体(前回比22.8%減)

兼業(自営漁業が従)

604経営体(前回比28.8%減)

20,028経営体(前回比17.1%減)

漁業就業者数

5,106人(前回比24.1%減)

181,253人(前回比18.3%減)

漁業就業者に占める65歳以上の割合

52.6%(前回比3.1ポイント増)

35.2%(前回比1.0ポイント増)


【語句の説明】

漁業経営体
過去1年間に利潤又は生活の資を得るために、生産物を販売することを目的として、海面において水産動植物の採捕又は養殖の事業を行った世帯又は事業所(ただし、過去1年間における漁業の海上作業従事日数が30日未満の個人経営体は除く。)
漁業就業者
満15歳以上で過去1年間に漁業の海上作業に年間30日以上従事した者
前回
平成20年に実施された2008年漁業センサス

調査結果速報資料


調査結果速報 (PDF : 696KB)

統計表 (PDF : 561KB)



【利用上の注意】

  1. 今回の公表値は概数値です。
  2. 表中にある構成比等については、端数処理の関係で一致しない場合があります。
  3. 統計表中に使用した符号は次のとおりです。

― :事実のないもの

△:負数または減少したもの

x :秘密保護上、数値を公表しないもの


【参考】

全国結果速報は、農林水産省のウェブサイト (別ウィンドウ) でご覧いただけます。

前回(2008年)漁業センサスの結果(確定値)は、農林水産省のウェブサイト (別ウィンドウ) でご覧いただけます。


調査の概要

1 調査目的
我が国漁業の生産構造及び漁村、水産物流通・加工業等の漁業を取りまく実態を明らかにするとともに、我が国の水産行政の推進に必要な基礎資料を整備する。
2 調査期日
平成25年11月1日現在(5年ごとに実施)
3 調査対象
漁業経営体

お問い合わせ先

統計分析課



お問い合わせ先

統計分析課

閉じる