このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 統計分析課 > 普及・啓発・出前授業・熊野小学校

平成26年 (2014年) 8月 6日

統計分析課

実施報告

今年度の既実施校は2校です(6月21日現在)。そのうち下関市立熊野小学校での出前授業の様子をご紹介します。


6月21日(金曜日)2時間目 5年生147名

今回の授業では、統計を身近に感じてもらうために、下関市の人口や「地元のじまん」は何だろうといった内容に、クイズやグラフの間違い探しを加えた教材を使いました。また、3つの班に分かれて、下関市水族館「海響館」の入館者数のデータから、グラフを作成し、そこから推理できることを発表しました。

 

 


実施報告PDF版


実施報告 (PDF : 302KB)


出前授業開催のねらい

年少時期に統計の大切さや役割についての理解を深め、より統計への関心を高め統計の普及啓発を図ること。

日時等

希望する学校に合わせ、1時限(45分)に合わせた教材を利用します。

講師は、統計分析課職員です。

対象等

小学校5年生程度を対象にし、プロジェクターを利用した授業です。

問い合わせ等

山口県統計分析課統計情報班(TEL083-933-2640)まで


このページの先頭へ



お問い合わせ先

総合政策部

閉じる