このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 統計分析課 > 住宅・土地統計調査・平成25年住宅・土地統計調査結果(速報)

平成26年 (2014年) 8月 4日

統計分析課

平成25年住宅・土地統計調査結果(速報)

【調査の概要】


 住宅・土地統計調査は、我が国における住戸(住宅及び住宅以外で人が居住する建物)に関する実態並びに現住居以外の住宅及び土地の保有状況、その他の住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることにより、住生活関連諸施策の基礎資料を得ることを目的としている。

 なお、住宅・土地統計調査は昭和23年以来5年ごとに実施してきた住宅統計調査の調査内容等を平成10年調査時に変更したものであり,平成25年調査はその14回目に当たる。


1 住宅総数及び世帯総数について


本県の住宅総数は706,500戸で、前回(平成20年)の調査結果と比べ14,900戸、2.2%増加しているものの、伸び率は鈍化している。世帯総数は594,100世帯で1.1%増加し、1世帯当たりの住宅数は1.19戸(全国第12位)となっている。

表1 住宅総数等


2 空き家について


表2 空き家率

居住世帯のない住宅のうち空き家は114,400戸で、住宅総数に占める割合(空き家率)は16.2%(全国第12位)と、前回の調査結果と比べ1.1ポイントの増加、また、昭和58年の空き家率7.8%から30年で約2倍となっている。



3 持ち家住宅について


表3 持ち家住宅率

居住世帯のある住宅(以下、「住宅」という。)を所有の関係別にみると、持ち家の住宅全体に占める割合(持ち家住宅率)は67.3%(全国第27位)であり、前回の調査結果と比べ0.9ポイント増加している。



4 住宅の構造について


住宅を構造別にみると、木造住宅(防火木造を含む)の割合は65.4%(全国第33位)、鉄筋・鉄骨コンクリート造等の非木造住宅の割合は34.6%(全国第15位)となっている。木造住宅の割合は調査開始以来減少を続けていたが、今回初めて増加に転じ、前回の調査結果と比べ、全国第5位の0.7ポイントの増加となっている。(増加15県、減少32都道府県)

表4 住宅の構造別割合


5 住宅の建て方について


住宅を建て方別の割合でみると、一戸建の割合は69.0%(全国第28位)であり、前回の調査結果と比べ0.1ポイント減少している。

表5 住宅の建て方別割合


6 住宅の規模等について


1住宅当たりの居住室の畳数は34.50畳(全国第27位)、1人当たりの居住室の畳数は14.64畳(全国第18位)と、1住宅当たり、1人当たりとも前回の結果と比べ増加し、全国順位も若干上昇している。

表6 住宅の規模等


7 太陽光を利用した発電機器がある住宅について


表7 太陽光を利用した発電機器がある住宅の割合

「太陽光を利用した発電機器あり」の住宅の割合は4.8%(全国第12位)で、前回の結果と比べ2.9ポイント、約2.5倍に増加しているものの、全国順位は前回の結果の8位から後退している。




8 関連ページ等


 総務省が公表した調査結果は、総務省統計局のホームページ (別ウィンドウ) に掲載されています。


▲このページの先頭へもどる



お問い合わせ先

総合企画部

閉じる