このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 男女共同参画課 > きらり!チャレンジやまぐち・深田文子さん

平成25年 (2013年) 4月 1日

男女共同参画課

チャレンジする女性たち


深田文子さん(長門市)


深田文子さん

職業・会社名

指導林業士(山口県で初めての女性の青年林業士)

遊林クラブ代表

該当分野

働きたい/学びたい/農林水産分野で活躍したい/地域で活躍したい

 

 

プロフィール

結婚後、夫の実家がある山口県へUターンし、林業に携わるようになる。夫と2人3脚で仕事を続けながら、必要な資格を取得。山への想いが強くなり、森林との体験交流を提供する「遊林くらぶ」を設立する。


チャレンジ内容

山と緑に囲まれた山口県で、山を育て、守り、その魅力を沢山の人に伝える活動をされています。


[チャレンジのきっかけ]

 夫の実家のある山口県長門市三隅(旧三隅町)にUターンし、実家で所有する山の手入れや樹を植えるお手伝いなどを夫婦で始めたところ、山での仕事を依頼されるようになりました。


[チャレンジへの準備]

 林業のなかでも育林という分野になりますが、伐採・搬出・素材生産・作業道の開設の仕事をしています。林業の仕事は、危険が伴い、様々な道具を使うので、その講習など受けて、チェーンソー・玉架け・小型クレーン・建設機械(パワーショベル)の資格などを取りました。


[チャレンジしてみて]

 「もっと沢山の人に山の魅力を知ってほしい」、「山に目を向けてほしい」という気持ちを持つようになりました。

森林空間を利用しながら遊びを通じて森林に親しみ、森林に感謝する心を育むことを目的とした「遊林クラブ」の活動なども行っています。なかでも、桜の原木をチップにして使った薫製作りは、県内各地から参加者が集まり、リピーターも多くいらっしゃいます。薫製の釜や肉をボイルする装置などは、鉄工などが得意な夫が全て手作りしました。準備はとても手間の掛かることですが、多くの方が山の恵みに興味を持ち、山の魅力に触れに来てくださることが大きな喜びになっています。

 今後は、森林の体験交流やむらまち交流の拠点となる施設を作り、現在の活動を充実させていきたいです。

インタビュー H20.1.28


時系列

 

山形県生まれ

18歳

日本配合飼料(株)就職:横浜市 研究所で家畜の防疫業務担当

21歳

結婚

24歳

退職し、夫の実家のある山口県にUターン

自分の山の手入れを夫婦で始めたのをきっかけに、林業の仕事を受け始める。

第1子出産

26歳

第2子出産

30歳

林業に必要な資格を取り始める。

37歳

青年林業士に認定される(山口県内女性初)。

38歳

深田林業(有)として法人化する。

40歳

指導林業士に認定される。

44歳

遊林クラブ設立


メッセージ

山の仕事は、自然に囲まれて過ごすので気持ちが良いですし、雨などで仕事が出来ない時間は、自分の好きなことができる自由な時間になります。もちろん女性もできるし、資格がなくてもできることはあります。何事も同じだと思いますが、高いと思っていたハードルも、やろうという気持ちがあれば、案外低いことに気づくものです。


注釈

※青年林業士

5年以上の就業経験を有し、自ら林業経営を行いうる高度な知識、技術と経営能力を有し、意欲的に林業に取り組んでいる40歳未満の青年

※指導林業士

優れた林業経営を実践し、農山村青年の育成指導に理解と情熱を持ち、かつ、地域林業振興に対して貢献している40歳以上の林業者


このホームページに関するお問い合わせ

山口県環境生活部 男女共同参画課

〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

TEL:083-933-2630 FAX:083-933-2639

E-mail:a12800@pref.yamaguchi.lg.jp</b>


山口県男女共同参画相談センター

TEL:083-901-1122




お問い合わせ先

環境生活部

閉じる