このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 男女共同参画課 > きらり!チャレンジやまぐち・宇佐美理世さん

平成25年 (2013年) 4月 1日

男女共同参画課

チャレンジする女性たち


宇佐美理世さん(山口市)


宇佐美理世さん

職業・会社名

うさみ労務経営事務所代表

株式会社ブレインスクエア代表取締役社長

該当分野

働きたい/学びたい

 

 

プロフィール

出産を機に会社を退職。子どもが1歳になった後に再就職し、働きながら社会保険労務士の資格を取得する。夫の転勤で山口へ転居後、社会保険労務士として独立開業するとともに、同業者2名、税理士、司法書士とともに株式会社ブレインスクエアを設立し、社長となる。


チャレンジ内容

 社会保険労務士、株式会社ブレインスクエアの社長という2つの顔を持つ宇佐美さん。そのお話からは、「人の役に立ちたい。」という強い思いが感じられます。


 元々働くことにこだわりがあったという宇佐美さん。大学卒業後に就職した証券会社を第1子出産を機に退職しますが、その時には、1年間の育児休業を取るというつもりで、既に再就職を考えていたといいます。

 「妊娠中に見た通信教育の広告で社会保険労務士の資格について知り、この資格なら会社が大きくなるお手伝いが出来るし、人と関わる仕事も自分に向いていることから、『これだ!』と思いました。まずは現場を知りたいと、子どもが1歳になるのを機に社会保険労務士事務所にパートタイマーとして就職し、家事・育児、仕事をしながら資格試験の勉強をしました。今考えると無茶をしたと思いますが、『今やらないと』という気持ちがあり、また家族の支えもあって、平成11年に社会保険労務士資格を取得しました。

 その後、平成15年に夫の転勤で山口へ転居してからも地元の社会保険労務士事務所に勤務しましたが、平成18年7月に独立開業し、中小企業の人事労務関係の手続き代行、相談業務等を行っています。また、同年12月には、ワンストップでの中小企業への総合的なサポートを行うため、社会保険労務士仲間2名と税理士、司法書士からなる会社を設立し、創業支援などのコンサルティングのほか、セミナー講師も務めています。」


 社会保険労務士資格の取得から約10年が経ちますが、その仕事には、「日々勉強しなければならないことは多いですが、いろいろな人に会うことができ、そこから教わることも多く、非常におもしろい仕事です。経営者の方に頼っていただけるので、期待に応えていきたい。」と、やりがいを感じているとのことです。


 今後は、女性の再就職支援に関わっていきたいという宇佐美さん。活躍の場はまだまだ広がりそうです。

宇佐美理世さん

インタビュー H21.3.16


メッセージ

女性は家事や育児、介護など制約が多いでしょうが、あきらめず、先延ばしにしないで、できるところから取り組んでいけば、やりたいことにいつかたどり着けると思います。


このホームページに関するお問い合わせ

山口県環境生活部 男女共同参画課

〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

TEL:083-933-2630 FAX:083-933-2639

E-mail:a12800@pref.yamaguchi.lg.jp</b>


山口県男女共同参画相談センター

TEL:083-901-1122




お問い合わせ先

環境生活部

閉じる