このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 男女共同参画課 > きらり!チャレンジやまぐち・高齢社会をよくする下関女性の会

平成25年 (2013年) 4月 1日

男女共同参画課

チャレンジする女性たち


高齢者会をよくする下関女性の会(ホーモイ)(下関市)


高齢社会をよくする下関女性の会(ホーモイ)

職業・会社名

高齢社会をよくする下関女性の会(ホーモイ)

該当分野

地域で活躍したい/からだ・子育て・介護の支援を知りたい

 

 

プロフィール

誰もが自立し、支え合うことができる社会を目指して、介護予防や福祉に関する意識啓発に取り組んでいる。


チャレンジ内容

 「歳を取っても、障害があっても、住みやすい社会をつくっていきたい」という思いで、介護予防をはじめ、様々な活動を行っています。


 月1回開催されている「介護予防のためのサロン」では、音楽に合わせてのリズム体操や健康講話、転倒予防のための筋トレなどに、参加者とスタッフが一緒になって、生き生きと取り組んでいます。脳トレを目的としたレクリエーションの風船バレーでは、白熱して椅子から立ちあがる人も続出するなど、楽しみながら、体力・能力も向上できる機会となっています。

参加者の方は、「日頃動かさない筋肉・能力を動かすし、上手に指導してもらえて、毎回楽しみにしています。」と話されていました。


 代表の田中さんは、同時期に家族4人の介護に携わり、ストレスからリウマチを発症。その経験から、「子どもたちに自分と同じ思いはさせたくない。同世代でお互いに支えあえる組織をつくりたい」との思いで、1999年に準備会を立ち上げました。その後、学習会などを重ね、2003年に会が正式発足しました。

 現在は、約30人のメンバーにより、介護予防のためのサロンの他、意識啓発のための市民福祉講座、講演会の開催、認知症予防などの活動を行っています。


 今後は、介護予防の活動を自治会に広げたいとのこと。「現在の介護予防のためのサロンはモデルケース。歩いて行けるところで週一回程度しないと、体力向上にはなりません。各地でサロンを開催することにより、参加者が元気になり、地域に出て、子育て支援、環境などのボランティア参加するなどの生き甲斐を見つけてもらうと同時に、地域活性化につなげたいです。」


 ~誰もが自立し、支えあうことができる社会へ~その活動の輪は着実に広がっていきそうです。

介護予防のためのサロンの様子

リズム体操(フォークダンス)

リズム体操(フォークダンス)

筋トレ(踏み台運動)

筋トレ(踏み台運動)

風船バレー

風船バレー

インタビュー H22.2.6


メッセージ

実践と学習を両輪として、日々自分を磨くことが、夢の実現につながっていきます。


このホームページに関するお問い合わせ

山口県環境生活部 男女共同参画課

〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

TEL:083-933-2630 FAX:083-933-2639

E-mail:a12800@pref.yamaguchi.lg.jp</b>


山口県男女共同参画相談センター

TEL:083-901-1122




お問い合わせ先

環境生活部

閉じる