このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 男女共同参画課 > きらり!チャレンジやまぐち・あんのなおこさん

平成25年 (2013年) 4月 1日

男女共同参画課

チャレンジする女性たち


あんのなおこさん(山口市)


あんのなおこさん

職業・会社名

中国茶館 茶座 オーナー

中国茶藝師

該当分野

事業をはじめたい

 

 

プロフィール

ツアーコンダクターとして中国を訪れるうち、中国茶に魅せられ、仕事を辞めて中国へ留学し、中国茶藝師となる。その後、山口で中国茶の喫茶・小売店を開業し、中国茶、中国文化の普及に取り組んでいる。


チャレンジ内容

 ふるさと山口で中国茶、中国文化の魅力を発信しているあんのさん。穏やかな語り口の中にも、バイタリティがあふれています。

 「大学を卒業後、旅行業界へ就職し、ツアーコンダクターとして中国を何度も訪れました。その際、お茶のおいしさにも驚きましたが、茶館で男性たちが輪になり、お茶を飲みながら話し込んでいる光景が目に飛び込み、中国の茶文化がとても気になるようになりました。」

 その後、あんのさんが本格的に中国茶に関わるきっかけとなる出来事が起こります。

 「ある寒い日、北京で食事をしていた時のことです。給仕の少年が、食後のお茶をまるでアクロバットのようにおもしろおかしく淹れ、驚く私に得意げな表情をして去っていった姿を見て、グッと心を掴まれたんです!」

 その出会いが、あんのさんの人生を動かしました。「中国に行きたい!」という気持ちが強まり、仕事を辞めて中国へ留学した後、仕事をしながら中国の茶文化に触れ、杭州にある中国茶葉研究所で研修を受けて「中国茶藝師」の資格を取得されました。


その後、帰国したあんのさんは、ふるさとである山口で、お茶を介してみんながほっとできる場をつくりたい、との思いから、2006年に中国茶館「茶座」をオープンしました。茶座では、喫茶と茶葉の販売を行っており、オーナーであるあんのさんや、隣に座ったお客さんとも自然と会話が弾む和みの場となっています。


また、お茶を楽しみながら三国志や二胡などの中国文化に触れる講座の開催、山口県産の農作物をブレンドしたオリジナル茶づくりなど、中国茶と中国文化の普及に幅広く取り組まれています。


 お茶の魅力について伺うと、「心に平和をもたらすことがお茶の最大の効能です。お客様は、ストレスや悩み事など、日常のいろいろな気持ちを持ってお店に入って来られますが、ここでお茶を飲んで一息入れることによって表情が和らぎ、元気になられた姿を見送る時、お役に立てているかな、という気持ちになります。」と語ってくださいました。


 「今後もみんなに必要とされるお店であり続けたい」というあんのさん。これからも中国茶を介して、人々の心を和ませてくれることでしょう。

あんのさんとお茶

オリジナル茶 楽々ruru

オリジナル茶

インタビュー H23.3.22


メッセージ

車到山前、必有路 (遠くから見て越えられそうにない山も、麓まで行って見ると道はあるもの)


このホームページに関するお問い合わせ

山口県環境生活部 男女共同参画課

〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

TEL:083-933-2630 FAX:083-933-2639

E-mail:a12800@pref.yamaguchi.lg.jp</b>


山口県男女共同参画相談センター

TEL:083-901-1122




お問い合わせ先

環境生活部

閉じる