このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > CIRレポート・a1306

平成26年 (2014年) 9月 3日

国際課

CIRレポート 6月号(アメリカ)

サマーキャンプ

国際交流員 キラ・アダムス(アメリカ)



皆さん、お久しぶりです。暑くなりましたね。


アメリカの子供たちは今、夏休みの真っ最中です。

州によって、始まる日などは変わってくるのですが、約3カ月あります。

サマースクールに通ったり、アルバイトをしたり、ビーチへ行ったり、家族と旅行したりするなど、この長い休みの間、することがいっぱいあります。


今回紹介したいのは、150年も続いている伝統のサマーキャンプです。

サマーキャンプに参加する子供たちは、毎年アメリカ中で1千万人を超えます。

宿泊する子供もいれば、学校のように毎日通う子供もいます。


サマーキャンプの種類は色々あって、バンド、宗教、アート、旅行やスポーツキャンプ等、誰でも一つは好きなキャンプがあるはずです。


新しい友達と泳いで、歌って、遊んで、そしてキャンプファイヤーで焼いたマシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーで挟んだ「スモア」という定番のデザートを食べます。


子供たちにとって、サマーキャンプで過ごす数週間は、一生思い出に残るものになります。


お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる