このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > CIRレポート・a1401

平成26年 (2014年) 9月 3日

国際課

CIRレポート 1月号(アメリカ)

新年の赤ちゃん

国際交流員 キラ・アダムス(アメリカ)


明けましておめでとうございます。

Baby New Year(新年の赤ちゃん)を知っていますか。


これは新年の象徴で、新聞などのマンガにも出てきます。

アメリカの人気クリスマスアニメにも出たことがあります。


色々な話がありますが、一番知られているのは「新年の赤ちゃんと時の翁」の話でしょう。

新年の赤ちゃんは年明けに生まれ、その年の担当を引き継ぎます。

赤ちゃんは、担当しているその一年で年老いて、次の年が来る前に「時の翁(Father Time)」というおじいさんになります。

そして次の新年の赤ちゃんが生まれた時に、その年の担当を譲り、サイクルは続いていきます。

何故か、赤ちゃんの姿かおじいさんの姿以外は、めったに見ることができません。


本物の赤ちゃんも「新年の赤ちゃん」になることができます。

年が明けて、最初に生まれた子供はよく「新年の赤ちゃん」と名付けられます。

そのようなタイトルだけをもらう場合もありますが、おむつ等のベビーグッズをもらう場合もあります。

赤ちゃんの名前が新聞に出ることも珍しくありません。

年を取った「去年」を追いかけて

歴史の本に閉じ込める新年の赤ちゃん

皆さんは新年の赤ちゃんに会ったことはありますか?




Baby New Year

CIR Kira Adams(USA)


Happy New Year!

Have you heard of Baby New Year?


Baby New Year is the personification of the new year. He often appears in places like the editorial cartoon section of newspapers, and has even made an appearance in a popular American Christmas cartoon.


There are many stories about Baby New Year, but the most well known is probably that of Baby New Year and Father Time. At the start of the New Year, Baby New Year is born and takes over the duties of time. As his year progresses, the baby ages, and by the time the next year is approaching, he has become an old man, father time. When the next Baby New Year is born, he hands over the duties of time, continuing the cycle. You’ll almost never see him in a stage other than baby or old man.


Real people can also become the New Year’s Baby. The first baby born in a town, city, or even in a hospital is named Baby New Year. Sometimes it is just a title, but in some areas, families receive gifts of diapers and useful supplies for their new baby. The baby’s name may even appear in the local newspaper.


Baby New Year chasing last

year into the history books.

Have you ever met a New Year’s Baby?


お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる