このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > CIRレポート・a1402

平成26年 (2014年) 9月 3日

国際課

CIRレポート 2月号(アメリカ)

メープルシロップ

国際交流員 キラ・アダムス(アメリカ)


夜はまだ寒いですが、昼はどんどん暖かくなってきています。

これはアメリカの北東部からカナダの南東部までの地域で、メープルシロップの時期が来たということです。

メープルシロップは、サトウカエデ等の樹液から作られ、独特な味で、朝ごはんでパンケーキやワッフルのトッピング、パンやお菓子の甘味料と味付け、ハムやベーコン等の肉の味付け等、色々な場面で使えます。


春になり雪が解けた時に、木の幹を刻み、出てくる樹液を最初に収穫したのは、アメリカの先住民でした。

収穫した樹液を温め、水分を蒸発させることで、味が凝縮され、メープルシロップを作ることができます。

ヨーロッパから北アメリカに来た入植者はこの技術を学んで、メーブルシロップで糖分を摂るようになりました。


その時から、樹液の収穫方法は合理化され、煮詰めて作る方法の改良によって効率的になりました。

今のメープルシロップは色や味によって、等級が付けられています。色が濃い物はメープルの味も強く、料理で使われていますが、薄い色の物は、パンケーキ等によく合います。

チャンスがあれば、ぜひ味見してみてください。

 

(収穫方法・・・・左:伝統的、右:現在)



Maple Syrup

CIR Kira Adams(USA)


Although the nights are still cold, the days are slowly getting warmer, which in the northeastern part of the USA and southeastern Canada means the start of maple syrup season. Made from the sap of maple trees, maple syrup is a unique and flexible ingredient, with uses ranging from a sweet topping for breakfast foods like pancakes and waffles, to sweetening and flavor for various baked goods, and even to flavoring for meats like bacon or ham.


Maple syrup was originally produced by Native Americans, who cut into the trunks of maple trees at the beginning of the spring thaw and collected the resulting sap in buckets. The sap was then heated to evaporate the water, and concentrate the flavor, producing maple syrup. European colonists learned of this method when they came to North America and began to use maple syrup as a source of sugar.


Since then, sap collection methods have been streamlined, and technology has made concentration through boiling more efficient. Now, maple syrup is classified into various grades, based on color and flavor. The darker syrups generally have a stronger maple taste and are best used for baking, while lighter grades are usually used to top pancakes in the morning. If you ever have the chance to compare maple syrups, it’s definitely worth a taste!


お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる