このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > CIRレポート・a1506

平成28年 (2016年) 3月 22日

国際課

CIRレポート 6月号(アメリカ)

 卒業 

国際交流員 キラ・アダムス(アメリカ)


卒業

アメリカの大学生は、夏休みに入る前の5月下旬から6月初旬にかけて、学年の最後の試験を受けます。そして、4年生は社会人として世界へ飛び立つ前に、最後の卒業式があります。しかし、アメリカでは、卒業することより新しい人生が始まることに着目するため、卒業式という意味の“Graduation”より開始式という意味の“Commencement”を使うことが多いです。




卒業

一般的な卒業式は、卒業生と教授の入場から始まります。初夏の快適な気候から、屋外で開催することが多いです。全員が席に着くと、スピーチが始まります。学長の挨拶、大学が招いた政治家、有名人等のスピーチ、そして首席で卒業する卒業生総代の挨拶があります。




帽子を投げる様子

挨拶が終わると、伝統的な衣装で正装した卒業生が出席者の前を通り、卒業証書を受け取ります。卒業証書を受領した人は、卒業したことを表すため、帽子からぶら下がっている房の位置を右側から左側に変えます。卒業式終了後には、帽子を投げて祝う風景がよく見られます。







Graduation

CIR Kira Adams(USA)


Around late May or early June, college students across the United States finish up their last final exams of the school year before summer vacation. Seniors, however, will be looking toward their graduation ceremony, often the final step before they go out into the world as working members of society. In fact, the graduation ceremony is also known as commencement, focusing on the start of a new life, rather than the end of college.



A typical graduation ceremony starts with a procession where the faculty and students will file into their seats. Pleasant early summer weather often means that the ceremony can be held outside. After everyone has arrived, there is usually a series of speakers, generally including the president of the college, a commencement speaker, commonly a politician, famous speaker, or otherwise notable person, and the valedictorian, the graduate with the highest ranked student in the class.


After the speeches, candidates, usually wearing the traditional cap and gown, walk across the stage to receive their diplomas. To symbolize the transition from candidate to graduate, the tassel hanging from the cap is moved from the right to the left side. When the ceremony is over, you’ll often see graduates throwing their caps into the air to celebrate.





お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる