このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > CIRレポート・a1508

平成28年 (2016年) 3月 22日

国際課

CIRレポート 8月号(アメリカ)

 カリフォルニア州の特徴―現地の視点から 

国際交流員 ローラ・リー(アメリカ)


ゴールデンゲートブリッジ

皆さんはじめまして。アメリカのカリフォルニア州からきたローラ・リーです。

ディズニー

今日から、アメリカのCIRレポートを担当させて頂きます。

どうぞよろしくお願いします。



早速ですが、カリフォルニア州といえば、皆さんはどのようなイメージを持っていますか。サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジやロサンゼルスのディズニーランドなどの観光名所、市内の広大な土地やヤシの木など、様々なイメージが頭に浮かぶでしょう。おそらく、皆さんがカリフォルニア州について決まったイメージがないことは、この州が多様な州であるからです。



卒業式

私はよく、アジアの国から来たのではと思われますが、アメリカのカリフォルニア州で生まれ育ちました。私の両親は台湾で生まれて、約35年前に、アメリカに移住しました。他の移民と同じように、母国では得られない新しい機会をアメリカに求めました。



私の両親を含め、移住するのは簡単ではありません。移民は、外見、発音、文化などから差別を受けてきました。ネイティブアメリカン、スペイン人、イギリス人などの様々な集団がいましたが、カリフォルニア州がアメリカの国の一部になったのは1850年初頭です。

画像 : 2015年6月大学卒業式にて撮影

(左から)長女、父、私、祖母、母、次女


ゴールドラッシュ

有名なゴールドラッシュは、1848年に始まりました。新たな機会や富を求めて、中国、ドイツ、チリ、メキシコ、アイルランド、トルコ、フランスなどの人々がカリフォルニア州を訪ねました。特に、1870年までには、10万人の中国人がカリフォルニア州に移住しました。




統計

カリフォルニア州の2014-2015年の予算概要によると、現在、3割のアジア系人種がカリフォルニア州に住んでいます。これはカリフォルニア州で第3の大きな人種集団です。第一はラテンアメリカ系で39%、第二は白人で38.8%です。アメリカの中で、カリフォルニア州は他の州と比べて、最も多くの移民が住んでいます。第1はメキシコから4百万人、第2はフィリピンから8万1千人、第3は中国から7万6千人です。





スシリトー

人口の多様性と同じように、食べ物も多様です。日本料理、フランス料理、メキシコ料理、ブラジル料理など、どんなものでもあります!この多様性の中で作られたものは、カリフォルニア州の寿司ブリトーです。略語として「スシリトー」です。太巻きと似ていますが、スシリトーの中身には様々な魚、天ぷら、アボカド、キュウリ、お米などが入っています。おいしくて、ニューヨークのラーメンバーガーより、大流行になると思います。




以上により、現地の視点からカリフォルニア州の一部を知ることができたでしょうか。このレポートから、カリフォルニア州の多様性についてもっと理解してもらえればと思います。少なくとも、読んで面白いと思ってもらえるとうれしいです。皆さんが今度カリフォルニア州を思うとき、多様であることを思い出せるといいですね!




California’s Specialty—From a Native’s Perspective

CIR Laura Lee(USA)


Hello everyone. My name is Laura Lee, and I’m from California, USA. From today onwards, I will be in charge of writing the American CIR reports. I hope you enjoy them!


Moving onto today’s topic, what kind of image do you have of California? There are places such as San Francisco’s Golden Gate Bridge or Los Angeles’s Disneyland which are famous tourist spots. In everyday life, you can see palm trees and large plots of land. Many images may come up. One thing in particular that you may be unfamiliar about is that California is made up of a diverse group of people.


As you can see, on the outside I may look like I’m from Asia, but I was born and raised in California, America. My parents were born in Taiwan and moved to the States around 35 years ago. Like many others, they were searching for new opportunities that their home country could not provide.


It wasn’t easy for immigrants like my parents to move to another country. They faced discrimination based on their appearances, accents, and culture. There had been many different races such as Native Americans, Spaniards, and British occupying the land, until California became a part of the United States in 1850.


One famous time in history where California had a flux of immigrants was during the Gold Rush in 1848.*1 Those from China, Germany, Chile, Mexico, Ireland, Turkey, and France came seeking new opportunities and riches. The largest population came especially from the Chinese as by 1870, over 100,000 Chinese resided in California.


Currently, according to California’s 2014-2015 Budget Summary, there is a projected 30% of Asians residing in California, the third largest group behind Hispanics, 39% of California’s population, and Whites, 38.8% of the population.*2 Within the population, California has the most immigrants than any other state, around 4.3 million people from Mexico, 812,000 from the Philippines, and 760,700 from China.*3


With the population diversity, it’s no surprise that the food is just as diverse. There ranges from Japanese, French, Mexican, Brazilian… You name it! And from this diversity, the people learn from one another to grasp to best parts of each culture. One creation that came to fruition from this diversity is called the “sushi burrito” which started in California. It is similar to a futomaki (largely rolled sushi that hasn’t been cut), but the filling can hold multiple arrays of fishes along with tempura, avocado, cucumber, and rice. It’s very delicious and will probably be the new craze of the year surpassing New York’s ramen burger.


With all this, you’ve seen another part of California from a local’s perspective. I hope this report gave you a better understanding of California’s diversity. If not, I hope you enjoyed reading it. Next time when you think of California, I hope you remember its diversity!



*1 http://crfimmigrationed.org/index.php/lessons-for-teachers/72-history-lesson-2

*2 http://www.ebudget.ca.gov/2014-15/pdf/BudgetSummary/FullBudgetSummary.pdf

*3 http://www.ppic.org/main/publication_show.asp?i=258





お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる