このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > CIRレポート・k1311

平成26年 (2014年) 8月 27日

国際課

CIRレポート 11月号(韓国)

キムジャン

国際交流員 池 垠 伊(韓国)



立冬の時期になると、韓国の家庭では家族みんなで冬の間に食べるキムチを大量に作っておく「キムジャン」をします。

寒い冬は新鮮な野菜を用意することが難しかったので、キムチをたくさん作って保存しておく習慣から生まれました。


キムチを漬ける材料はいろいろありますが、主に白菜や大根が使われます。

ここにニンニク•ショウガ•唐辛子で作ったヤンニョムと、塩•塩辛などの調味料が使われます。

地域によって材料や調味料が少し違うため、色々な味を味わうことができます。


キムジャンをするには2~3日程かかるので、昔から家族や親戚が助け合いながらキムチを作る風習がありました。


作ったキムチは「トク」という貯蔵容器に入れて土の中に埋め、必要な時に取り出して食べたりしましたが、最近はトクの代わりにキムチ専用の冷蔵庫にキムチを保存するようになり、スーパーマーケットでキムチを買って食べる人も増えました。




김장

국제교류원 지은이(대한민국)



입동 전후가 되면 한국의 가정에서는 가족 모두가 겨울 동안 먹을 김치를 만드는 ‘김장’을 합니다.

추운 겨울에는 신선한 채소를 쉽게 찾아볼 수 없기 때문에 김치를 대량으로 만들어 보존해 놓는 풍습이 발달한 것입니다.


김치의 재료는 여러가지지만 특히 배추와 무가 사용됩니다. 여기에 마늘, 생강, 고추 등으로 만든 양념과 소금, 젓갈 등의 조미료가 들어갑니다.

지역별로 재료나 조미료가 조금씩 다르기 때문에 다양한 맛을 즐길 수 있습니다.


또한 김장은 2~3일 정도 걸리기 때문에 예로부터 가족과 친척이 서로 도와가며 김치를 만드는 풍습이 있었습니다.


만든 김치는 ‘독’이라는 저장용기에 넣어 땅에 묻어서 필요할 때마다 꺼내먹었지만, 최근에는 독 대신 김치냉장고에 저장하게 되었고 김치를 마트에서 사서 먹는 사람도 늘어났습니다.


お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる