このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > CIRレポート・s1501

平成28年 (2016年) 3月 22日

国際課

CIRレポート 1月号(スペイン)

 カーニバル 

国際交流員 マリア・ルビオ(スペイン)



 泣く事なんてない、だって人生はカーニバル 

 歌って生きるほうがずっと美しい  (セリア・クルス/サルサ歌手)



古代ローマのサートゥルナーリア祭

2月中旬、クリスマスが終わり普段の生活に戻ってしばらく経過した頃、スペイン人は再びパーティー気分が高まり、カーニバルのお祝いをします。

カーニバルの起源は古代ローマ神話の農耕神サートゥルヌスのために行われたサートゥルナーリア祭や、古代ギリシアの豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスのための祭とも言われ、古い歴史のある祭です。


                                                     古代ローマのサートゥルナーリア祭


カーニバルはちょうど四旬節まで行われます。

小学校での仮装

四旬節はカトリック教会において、復活祭(イースター)の前の40日の期間のことで、その間はイースターに備えるために肉食が禁じられていました。そのため、その厳粛で簡素な時期に入る前に、たくさん飲んで食べて、どんちゃん騒ぎをする習慣が、カーニバル(謝肉祭)として確立されました。


カーニバルはスペイン全国で行われる色彩に富む祭です。学校では生徒たちによる仮装が行われ、カーニバルの日は1日休校となります。

                                                    小学校のカーニバル祭での仮装


■ サンタ・クルス・デ・テネリフェのカーニバル

サンタ・クルス・デ・テネリフェのカーニバル(カナリア諸島)はブラジルのリオ・デ・ジャネイロに次ぐ有名なカーニバルです。パレードやコンサートなどが行われ、町に何千人もの人々が訪れます。

パレードには、毎年100以上の団体が参加します。それぞれの団体は、「ムルガ」というミュージカルのようなショーを行うグループや、「コンパルサ」という共通のテーマで仮装し、パフォーマンスをするグループ、個人で仮装する人、楽団など約50人で構成されています。

パレード パレード

パレード


相撲がテーマのコンパルサ ピエロがテーマのコンパルサ

コンパルサ


テレリフェカーニバルで人気の3つのイベント:

1.カーニバルの「女王」の選出。カーニバル最大のイベントで、毎年カーニバルの水曜日(今年は2月11日)に行われます。

候補者はキラキラと輝くスパンコールや羽毛で飾られた、高さと幅が何メートルもある壮観な衣装を着て、パレードを行います。200キロもする衣装もあるため、車輪の付いた台に乗ります。


女王の選出 女王の選出


2014年の女王

2014年テネリフェカーニバルの女王


2. 風刺的な曲を演奏する楽団のショー。これは16世紀までさかのぼる伝統行事です。

楽団


3.「Entierro de la sardina」(イワシの埋葬)と呼ばれる、怠けてごちそうばかり食べていたカーニバルの日々を悲しく見送るパレード。

パレードの様子 パレードの参加者



■ ナバラのカーニバル

ナバラでもカーニバルが行われます。しかし、この地方とカナリア諸島は地理的にも文化的にも遠いので、同じ行事でも全く違う伝統があります。


人気のカーニバルの1つはランス村で行われます。この祭りはナバラ地方・バスク地方の古代の農村習慣と儀式が混ざっているのが特徴です。

カーニバルの火曜日の夕方、町の住民たちの一部が仮装をして、捕まえた山賊を連れて街頭でパレードを行います。藁人形で作られた山賊は、パレードの最後に燃やされます。

ランス村のカーニバル ランス村のカーニバル 山賊の人形

仮装した人々(左・中)と山賊の人形(右)


パレードに参加するキャラクター:

・「ジリポット」という、藁が入った袋を着た丸く太ったキャラクター。

ジリポット


・「ザルヂコ」という、山賊の馬。「ジリポット」を追いかけて、倒そうとします。

ジリポットを倒したザルヂコ 子どもを襲うザルヂコ

(左)ジリポットを倒した、華やかな色の服を着たザルヂコ。

(右)パンプローナ市で、子どもを襲うザルヂコ。


・「アロッチャク」という、蹄鉄をつけようと「ザルヂコ」を追いかける加治屋。

アロッチャク


・「チャチョ」という激怒する群衆。動物の毛皮を着ており、棒とほうきを持って、大騒ぎします。

チャチョ チャチョ


伝統行事が終わると、みんな伝統舞踊「ゾルジコ」を踊って、パーティーを始めます。



イテュレン村もカーニバルで知られている村です。特徴は「ザンパンザル」による華やかなパレードです。「ザンパンザル」はバスクの伝統的なキャラクターで、悪霊を追い払い、春を眼覚めさせるために背中に付けたカウベルを騒がしくならします。(「鬼は外、福は内」とちょっと似ている感じかな!)

ザンパンザル ザンパンザル



スペインの北部と南部のカーニバルの祝い方は大きく違っていますが, その目的は同じかもしれません。セリア・クルスの歌にあるように、悪い時でも悲しみを忘れて、春の訪れを楽しみながら待つことは、人生の困難を乗り越えるたった一つの方法なのではないでしょうか。




 Carnaval 


Ay, no ha que llorar, que la vida es un carnaval,

es más bello vivir cantando. (Celia Cruz)


A mediados del mes de febrero, los españoles, que ya nos hemos recuperado de las Navidades y volvemos a tener ganas de fiesta, celebramos el Carnaval. Es una celebración con mucha historia cuyos orígenes podrían remontarse a las fiestas que celebraban romanos en honor al invierno (saturnalia) o las celebraciones griegas en honor a Dioniso, dios del vino.


Se celebra justo antes del comienzo del tiempo de cuaresma, período de cuarenta días durante los cuales la iglesia católica prescribía que los fieles se abstuvieran de comer carne, en preparación para la Semana Santa, momento en el que se celebra la resurrección de Jesucuristo. Por ello, antes de comenzar esa época del año tan solemne y austera, se celebra esta fiesta en la que se suelen cometer muchos excesos.


El carnaval es un festival lleno de color que se celebra en toda España. En los colegios los niños también suelen disfrazarse y tienen un día de fiesta.



El carnaval de Santa Cruz de Tenerife (Islas Canarias) está considerado el más popular de España y el segundo del mundo tras el de Río de Janeiro (Brasil). Miles de personas salen a la calle para asistir a las actuaciones musicales y a los desfiles.


Más de 100 agrupaciones participan cada año, formadas por alrededor de 50 componentes cada uno, divididos en “murgas” (una especie de grupo de teatro musical), “comparsas” (grupo de personas disfrazadas con un tema en común y que realizan una actuación), participantes disfrazados y orquestas.


Los tres actos más populares del carnaval de Tenerife son:

1. El concurso de disfraces para la elección de la Reina del Carnaval. Se celebra el día principal, que es el “miércoles de carnaval” (este año tiene lugar el 11 de febrero). Las participantes desfilan vestidas con espectaculares trajes de varios metros de alto y de ancho adornados con plumas y pedrería que debido a sus dimensiones y peso ( pueden llegar a pesar 200 kilos) se montan sobre una plataforma con ruedas.


2. La actuación de grupos musicales que interpretan canciones satíricas. Esta es una tradición que se remonta al siglo XVI.


3. El “entierro de la sardina”, una procesión en la que despide con dolor este período de fiesta, holgazanería y buen comer.



En Navarra también se celebra el Carnaval, Sin embargo, dado que esta región y la de las Islas Canarias son tan distantes geográfica y culturalmente, las tradiciones de esta fiesta son muy diferentes.

En carnaval de Lanz es uno de los más populares de Navarra. Aquí esta fiesta se mezcla con las costumbres y ritos antiguos de las zonas rurales de Navarra y Euskadi.

Durante el martes de carnaval, al caer la noche, algunos de los habitantes del pueblo se disfrazan para representar a los personajes de una historia en la cual se persigue a un bandido y se le ajusticia tras un desfile.

Al bandido se le representa por medio de un muñeco, que se quema en la hoguera.


Los personajes que le acompañan en el desfile son:

-Ziripot, un personaje gordinflón hecho a base de sacos llenos de paja.

-Zaldiko, el caballo del bandido, que persigue a Ziripot para tirarle al suelo.

-Arotzak, que persiguen a Zaldiko para ponerle sus herraduras.

-Txatxos, que representan a la muchedumbre enfurecida de los habitantes del pueblo. Se visten con pieles de animales, llevan palos y escobas y arman mucha algarabía.

Al final, todos bailan el zortziko, una danza popular.



El pueblo de Ituren también es muy conocido por su carnaval, caracterizado por el colorido desfile de los Zanpantzar, unos personajes pertenecientes al folclore vasco y cuya misión es agitar los cencerros que llevan a la espalda para ahuyentar a los malos espíritus y para despertar a la primavera.



Aunque la forma de celebrar el carnaval del norte y del sur de España sean muy diferentes, la filosofía es la misma: como dice la canción, aunque sean malos tiempos, hay que olvidar las penas y esperar con alegría tiempos mejores de primavera.





お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる