このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > access-c・1505_yamaguchi

平成27年 (2015年) 6月 18日

国際課

链接  2015.4~5

面向居住在山口县外国人的隔月通讯


top / 山口县 / Q&A / 山口的味道

Yamaguchi


見島牛

山口的天然纪念品——见岛牛


见岛是一个距萩市45公里的小岛,被认定为天然纪念品的见岛牛就生活在那里。明治时期受西方肉食文化的影响,人们使日本本地牛与西方的品种交配,以增大日本本地牛的体型。现在,保持着纯粹日本和牛血统的品种就只剩两个。见岛牛是其中之一。见岛牛是黑毛和牛的一种,生性温和,与无角和牛相比矮10厘米。现在约有80头牛在见岛牛保护协会注册,因数量较少,一年只能将12-13头牛上市供人们食用。见岛牛肉虽然数量少,但却是肥瘦均衡、具有很高食用价值的牛肉。还有一种由见岛牛的公牛和荷兰奶牛的母牛交配而来的见兰牛,也很值得品尝。




山口の天然記念物・見島牛


萩から約45キロ離れたところに、見島という小さな島があります。そこに天然記念物に指定されている、見島牛が飼育されています。明治時代に西洋の食肉文化の影響を受け、日本の牛を大きくするために和牛の品種は西洋の品種と交配されました。現在、純粋和牛として保存されている牛は2品種しか残っておらず、見島牛はその一つです。見島牛は温順で、無角和牛より約10センチ背が低い黒毛の品種です。現在約80頭が見島牛保存会に登録されています。頭数が少ないため、一年に12~13頭ぐらいしか食用として出回りません。少ないですが、霜降りのいい、食すべき価値がある肉です。見蘭牛という見島牛の牡牛とホルスタイン種の牝牛の交配品種も味わうことができます。

お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる